読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ならずものになろう

少しは教育について話してみたくなりました。書き続けて考え続けてみたい。

まだだ…まだ始まらんよ!!~学級開きに話したいことを考える日々~

New Orleans

まだ新学期になりません。仕事はあるっちゃあるけどそろそろ飽きます…。

新学期のやる気も時期を逃すと段々と間延びしていきます。

大人である自分であってもそんな調子なのですから、生徒のやる気もきちんと上手く機能させてあげないと、あっという間に時期を逃してしまうのでしょうね。

そんなけだるく間抜けた感じで働かない頭を動かしながら、最初に話すことを考えています。あまり力を入れすぎても白々しいような気はしますが、面と向かって信念を伝えるのはこの時期が一番だろう。

自分は模範的な教員ではないし、自己紹介とかエンカウンターとか学生時代に死ぬほど嫌いだったので絶対に教員としてもやるつもりはない。でも、何もしないで漫然と生徒を不幸にするほど無責任にはいられない。

だから、淡々と社会について話すしかないかなぁと思っている。今年はこんな本を薦めるのもいいかもしれないと思っている。 

17歳からのドラッカー

17歳からのドラッカー

 

何のために学ぶのかということから始まる本書の話は子どもたちにも伝わりやすいだろうと思う。

全部が全部分からないくていいと思う。わかる人に伝わって自分たちで色々なことを調べてみて、納得できればいいのではないかと思う。そうして、少しずつ集団が変化していけば担任の仕事としては十分だろうし、担任しているところだけよくなればいいと思うような仕事の仕方はしたくないし、無駄な労力を増やすだけなんだろうと思う。

学級は担任の自由にはできる。でも、そうやって閉じた場所を作ってもむなしいよね。

ブログや授業のアイデアをまとめるテクニック

I have an idea @ home

地味に始業式が遠いわが勤務校……。生徒が来ないので飽きてきた(笑)

生徒が来ないと授業のネタのブログも書けないので、舞台裏のような雑談です。便利なツールやライフハックを見つけては試したい人間なので、自分のやっていることも話したいのです(笑) 

アイデア大全――創造力とブレイクスルーを生み出す42のツール

アイデア大全――創造力とブレイクスルーを生み出す42のツール

 

 

続きを読む

授業が始まる前に読んでおきたい一冊をあげるなら

Book

普段と趣向を変えて。

新学期が始まるまであと数日という方が多いと思いますが、読書は進んでいるでしょうか?

この新学期の始まる直前の、あと二、三日で読める本で、個人的に読んでおいたほうがよい本を紹介します。

続きを読む

高校生に伝えたい大学入試対策のための手帳活用法~月間カレンダー活用編~

Schedule

間が空きましたが、「高校生のための手帳活用術」です。 

s-locarno.hatenablog.com

s-locarno.hatenablog.com

今回は「月間カレンダー」の活用術の解説です。

続きを読む

「アクティブ・ラーニング」を議論するのは疲れる

discussing_tactics

新年度が始まるということもあって、またアクティブ・ラーニングという言葉を巡って議論が盛り上がっている印象があります。

個人的には「言葉遊びはもういいよ…」という気分もあるのですが、Amazonでアクティブ・ラーニングを調べてみると、とてつもない量の本が発売されていることもあり、あまり無視できないのも事実です。

s-locarno.hatenablog.com

こんな記事を書いたのは半年前ですが、その時とはそもそも発売されている本の冊数が違いすぎます(…が、上のリストに付け加えるような本は出てない気もするけど)。

そのアクティブ・ラーニングという語を巡って議論が起こることについて少し思うことがあるのです…。

続きを読む

エイプリルフールですね

Medical Still Life

なぜか土曜日なのに今日から仕事です。

今年度は新天地で頑張ります。

この時勢において、詰め込みしか解決策を示せないのも嫌だなぁと思うので、少しずつ自分自身が新しいことを勉強していきます。 

できる先生が実はやっている 学級づくり77の習慣

できる先生が実はやっている 学級づくり77の習慣

 

絶対に手に取らないタイプの本を読んでいます。

いろんな考え方があるんだなぁ…としておきます(笑)

新年度は職員室での生産性を上げよう

成果を上げて5時に帰る教師の仕事術

成果を上げて5時に帰る教師の仕事術

 

明日から新年度ですね(そして勤務校は明日から仕事だという…)。

旧年度のことを惜しむ暇もなく、生徒が登校してくるまでの数日間でかなり忙しくなる先生方が多いと思いますが、天気も急に寒くなるようなのでお体にはお気をつけください。

さて、そんな年度の終わりには次年度の仕事のことを考える人が多いかと思いますが、そんな人々にお勧めしたいのがid:iwasenこと岩瀬直樹先生の「仕事術」の本です。

軽井沢風越学園のことでも注目されている岩瀬先生ですが、生徒のことを本当によく考えていらっしゃるのが分かる偉大な実践者の一人だと思っていたので、ぜひいつか話してみたいなぁと思っているお方……そんな方の仕事への考え方が分かる一冊であるので年度末の時間の取れたこのタイミングで手に取ってみました。

続きを読む
Copyright © 2017 ならずものになろう All rights reserved.