ならずものになろう

少しは教育について話してみたくなりました。書き続けて考え続けてみたい。

ならずものになろう

【スポンサーリンク】

風邪をひいたらしい

昨日から体調が悪いなぁと思っていたら、風邪の症状が出始めた。ストレスから来る身体の不調感に風邪が重なるのはちょっときつい。 さて、私は明日から200枚近い答案(全部記述)の採点ができるだろうか……。

週明けからダウン…

昨日、休んだのでギアを挙げても大丈夫かと思ったら、覿面に午後からダメージ。 過労のダメージはなかなか抜けないということか…。今晩もさっさと寝るか…。

【書評】期待通りの質でした『漢文のルール』

笠間書院の国文学関係の本はやっぱり安心感がある。 今回、『和歌のルール』『俳句のルール』に続いて発売になった『漢文のルール』も非常に高い品質の一冊でした。 漢文のルール 作者: 日原傳,山本嘉孝,小財陽平,堀口育男,合山林太郎,堀川貴司,杉下元明,高…

国語の授業と言語の技術

今日、保護者会の合間に教科書の献本を整理していたら、上の写真のような教科書の記述を見つけました。 これは、桐原書店の『新 探求国語総合 現代文・表現編』の表紙裏の記述です。 www.kirihara.co.jp さすがに全部写真にとってアップロードはできないので…

明日でようやく一山超えて…

世の中は今日で仕事が終わって明日から週休二日制を謳歌するところでありますが、本校は土曜日も出勤日となっています。そろそろ倒れるかもしれない。 アイキャッチは四日連続でラーメンとなった私に共感していただくための飯テロです。

評価される/するを乗り越えたくて

考査と保護者会を同時に企画した人、本当、呪われてほしい今日この頃。青息吐息で生活しています。ブログの更新が途切れたら過労死したと思ってください。 さて、そろそろ定番化した挨拶をこの辺りで切り上げて本題。 作問をしていると、授業の評価について…

iPad proと授業準備への活用方法

はい、本日も20時過ぎの退勤です。過労死寸前です。保護者会と考査を同時に企画した人に責任を負わせたい。 さて、そんな中でも授業はやってくるし、授業の予習などは必要なのです。 今年は授業の予習などを本格的にiPadに移行している。

国語科のみなさまへ

昨日、早く帰るといったのに、21時退勤です。 そんなわけでブログも手抜きです。

働きすぎで怒られる

タイトルの通りである。 4月の超過勤務が70時間超えており、怒られる。

予定満載の来週をどう乗り越えるか

あっという間に週末が終わる……。全く疲れが抜けていないような気がします。そして、あまりに疲労が抜けないのでひたすら家で寝るという暴挙を果たした本日。 そして、ひたすら暴食。エネルギーが枯渇しているようなイメージがあったので、とりあえず食らう。…

なんというか慢性疲労

先週に引き続き、今週も予備校の研修へ。自分のやりたいことからすれば、決して優先度の高いことではないのだけど、勤務校で、自分が自由に振る舞うためには、受験で成果を出すことも必要なのです。 そもそも、子どもたちの将来を考えたときに、子どもたち自…

ワークシートにも限界を感じながら…

今年度は京都大学の溝上慎一先生が『国語教育』にアクティブラーニングについて連載を書かれています。 今月号の話も非常に面白かったです。 教育科学 国語教育 2018年 06月号 出版社/メーカー: 明治図書出版 発売日: 2018/05/14 メディア: 雑誌 この商品を…

教員の言葉の影響力

忙しさを感じて過ごしていますが、今が踏ん張りどころかなと思っています。しかし、精神的に参ってくると、自分の言葉遣いがきつくなるのは分かっている。 その影響が生徒に及ぶことが恐ろしいのです。とても。

昨日の記事の補足情報

昨日、こんな記事を書いた。 www.s-locarno.com 週刊東洋経済 2018年5月12日号 [雑誌](AI時代に勝つ子・負ける子) 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2018/05/07 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る そうしたらこんな追加情報をいただけた。 …

今週の東洋経済がなかなか…

dマガジンで色々な雑誌読み放題で定期購読している。 magazine.dmkt-sp.jp んで、そこで見つけたのが今週の『東洋経済』の特集。 週刊東洋経済 2018年5月12日号 [雑誌](AI時代に勝つ子・負ける子) 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2018/05/07 メデ…

「普通」を疑う力

今日から授業再開。なぜか生徒がだるそうにしているのが不思議でならないけど、とにかく授業再開です。 高校三年生の現代文の授業となれば、「当たり前」を次から次へと破壊されていくものなのです。

休日出勤でGWを終了

GWは儚く機能で終わってしまっているのでした……。 本日は駿台文庫のイベントに参加してきました。まあ、特記事項はありません。ある意味で分かっていたことであって、そして出来ないがゆえに放置していたことである。 特にまとめる気もないのです。

なぜ極限状態でも本を読むのか

シリアの秘密図書館 (瓦礫から取り出した本で図書館を作った人々) 作者: デルフィーヌ・ミヌーイ,藤田真利子 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2018/02/28 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る GWももうすぐ終わり。順調に本をのんびり…

1440分の使い方

今日は法事のため一日、やることなく拘束されていたので、ひたすら電子書籍を読んでいました。こういう力を入れないで流し読みすることも精神的なリハビリにはまずまず必要。 1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣 作者: ケビン・クルーズ 出版社/…

生きる道を見失わないために学ぶのです

GW後半戦。疲労回復がてら、気楽に読める本を一冊読みました。 働く大人のための「学び」の教科書 作者: 中原淳 出版社/メーカー: かんき出版 発売日: 2018/01/17 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 一時間位で読める気楽さでありながら、…

PBLを学びたい人へ

自分は大学の学部時代からずっとプロジェクトベース学習については興味をもっています。

テストで生徒を縛るのか

GWの谷間に嫌な話に付き合わされた。 授業について生徒をやる気にさせるには試験を増やすしかないという意見について延々と議論することに付き合わされたわけだが、はっきり言ってどうしようもない。非常に生産性のない議論だったと思わざるを得ない。

GW前半戦は倦怠感とともに

今日でGWの前半戦が終了って嘘でしょう? 全く疲れが抜けないし、自分の仕事が出来ていないような気がしてならない。

あ…これは疲労困憊なのか

ゴールデンウィークは今日と明日、そして3、4、5日のみお休みをもらえます。まあ、6日は受験学年なので、それに伴うお仕事なのです。

理解するまでの苦心

ポストモダン的な文章を授業で扱っています。 さすがに生徒にとっては「わかったようなわからないような」という文章であって、かなり「自分の理解」として納得するのは難しい。授業としてはひたすら読んで書いて考えようというシンプルな授業だけど、それだ…

来月からgaccoでアクティブラーニングを学べます。

定期的によい面白い講座が出てくるんです。gaccoって。 lms.gacco.org 過去にもいくつか紹介したことありますね。 www.s-locarno.com www.s-locarno.com

授業設計に使うか、自分の勉強に使うか、生徒に薦めるか

前にも少し紹介していたけど、結局、紹介の仕方に迷うので紹介してしまおう。 学習設計マニュアル: 「おとな」になるためのインストラクショナルデザイン 作者: 鈴木克明,美馬のゆり,竹岡篤永,室田真男,渡辺雄貴,市川尚,冨永敦子,高橋暁子,根本淳子 出版社/…

なかなか帰れないところだけど

一年前にもこんな記事を書いていた。 www.s-locarno.com そして今年も www.s-locarno.com と、GWになんとか本を読もうとしているのである。 人間、意識しないと全く同じことを毎年繰り返しているのだなぁ…と反省。 今週末からいよいよゴールデンウィークであ…

授業方法の型を守るということ

昨日、Twitterつぶやいたことの転載と補足。

他人にできない業務などはない

本日は一日模擬試験。ええ、そうですよ、母集団だけは多いあの模試です。もう、設問を見ているとイライラしてくるあの模試です。 今回から学年の模試の運営担当を任され(押しつけられ)たこともあって、調整に調整を重ねてきつかったですね。

Copyright © 2017 ならずものになろう All rights reserved.