ならずものになろう

少しは教育について話してみたくなりました。書き続けて考え続けてみたい。

ならずものになろう

【スポンサーリンク】

授業者の言葉遣い

本日は振り替え休日。あまりエネルギーを使わないで過ごす。 読書のような、ただのグダグダのような過ごし方。 でも、ちょっと引っかかったことがあるのです。

再スタートのための余暇

週末の文化祭も終わり、今日、明日は振り替え休日で休みである。いやぁ……ちゃんと一日休めるって大切です。明らかに体のストレスの感じ方が違う。 そんな時間があるときには軽めの本をできるだけ読み直します。

単元を作るための当たり前

実習生と単元をどうするか話していてまとめたくなりました。

タイミングが悪い

どうやら明日は台風になるようです。 せっかくの文化祭がどうなることか……。毎年、惰性で流している教員に対して一度しかない生徒たち、感じ方は違うだろうから難しいところだ。 事故なく過ごすことが一番なのですが、その事故がないために色々なことを制限…

お祭りが始まる

明日から本校は文化祭です。 おかげでもう上から下までてんやわんやです。

理想に近づいているのかも?

今日の授業で面白いことがありました。 ある意味でこれは一つの理想なのかもなぁと思ったりしました。

【書評】与えるのか奪うのか―自分のマインドセットを変えることの重要性

教員の仕事をしているときに、自分は常に何かを与えているという気持ちになっていませんか? 自分の小さな「箱」から脱出する方法 ビジネス篇 管理しない会社がうまくいくワケ 作者: アービンジャー・インスティチュート,中西真雄美 出版社/メーカー: 大和書…

壊れかけた学校と外から見た学校

今週の「週刊東洋経済」は、学校の先生はぜひとも買って読むべきだ。 週刊東洋経済 2017年9/16号 [雑誌](学校が壊れる 学校は完全なブラック職場だ) 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2017/09/11 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る タイト…

教育実習をどう指導する?

今週末から実習生の指導が始まります。まだ、授業案が挙がってこないのが心配なのだけど、まあ、流れるようになるようになるのです。 今年で二度目の実習生の指導なので、よりブラッシュアップしてよい授業づくりを支援しつつ教員としての勉強の仕方などを伝…

【書評】やりぬく力を育てる!

朝5時から3時間もサイクリングしたら眠くて眠くて仕方ない(笑) でも、たまの休みを活かして一冊本を読みました。 やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける 作者: アンジェラ・ダックワース,神崎朗子 出版社/メー…

そうそう小論文の時期になったのです

去年もこの時期に小論文について記事を書いていましたね。 www.s-locarno.com 今年もそんな時期になったので、テクニックに走る小論文について愚痴っておこうと思います(笑)

手書き?キーボード?書くことが苦手か、書くのが嫌なのか?

最近、夏休みボケをしているせいか、生徒がノートを書くことを億劫に思っている様子が目につく。 よくよく考えると、ノートに書くこと自体があまり好きではない。油断をすると目で見てわかったつもりになっていることが多い。 自分も手書きはあまり好きでは…

AL型授業で生徒はサボる?

よく言われること。 アクティブ・ラーニング型の授業をしているとよく言われることがあります。 「生徒が好き勝手授業中に振舞って、勉強しないんじゃないか」と。 さて、この問いは本当なのだろうか?

読めているようで読めてない。意外な読解ミスから考える。

九月は福岡伸一の「動的平衡」をやります。 動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか 作者: 福岡伸一 出版社/メーカー: 木楽舎 発売日: 2009/02/17 メディア: 単行本 購入: 28人 クリック: 282回 この商品を含むブログ (162件) を見る まあ、科学の話としては典型…

生徒に委ねて成績はどうなるか

アクティブ・ラーニング(AL)型の授業をしていると、様々なタイミングで「生徒の学力を上げられるのか」と問い詰められることがある。 自分としては特段別にALをやろうなんて思っているのではなくて、単純に合理的に生徒の成長の役に立つことを選んだ結果が…

【書評】国語はセンスや感性の科目じゃない!

小中高校を通して国語の授業を通して何を身に付けることができましたか? その「何を」について明確に説明できる人、それはとても幸せなのかもしれない。 多くの人は、むしろほとんどの人は学校の国語の授業で「何を学んだかわからない」というのではないだ…

運動不足解消のために自転車用品をそろえよう

久しぶりに好天に恵まれて早朝から快適にサイクリングできた。運動不足解消のために自転車を買ったのに8月はろくに晴れないで非常に不本意でした。 そんなこともあって自転車グッズばかり増えていくことになりました。気づいたらただの運動不足解消の目的だ…

紋切型の指導案

本校でももうすぐ教育実習が始まります。 教育実習生と単元をどうやって作っていこうかと相談しています。 自分が教育実習生を受け持たないときであっても、実習生の指導案は気づくと机の上にたくさん置かれます。そんなこともあって、この時期は指導案を多…

授業準備で気づいた違和感

九月の授業をそろそろと始めています。 だいたいやることのイメージが出来てはいるので、関連資料を読み改めているような感じです。 そんな中、教員用の指導書にも目を通していたわけですが、そこでちょっとした違和感に気づいてしまったのです。

九月になるし「ほぼ日手帳」をもうプッシュするよ!

トピック「ほぼ日手帳」について 本日で夏休みが終わってしまいました。 去り行く八月を心の底から惜しみながらも、戻ってこない八月と決別します。 そのために!明日から発売する2018年のほぼ日手帳についてもうプッシュで紹介するよ! ほぼ日手帳は好き放…

明日から仕事が始まります…不本意ながら

さようなら8月。またきた9月。 9月は行事。行事は重い。重いは自分の気の持ちよう。

H29年度の全国学力調査の結果が出ましたね

今年も飽きずに大騒ぎだなぁ……。 教育に対する関心の高さに比例するかのように学校現場への要求や風当たりは強くなるなぁとしみじみと感じる。

【書評】エリートでないとしても美意識を持たねば…

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」 (光文社新書) 作者: 山口周 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2017/07/19 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る 本格仕事復帰のための第一弾。軽めの書評…

Google関連コンテンツ機能が使えるようになった件/その他小ネタ

本日もリハビリがてらダラダラと頭を使わない文章を書いていきます。 明日あたりからもう少し書評でも書いたりして気分を仕事モードにしていかないととは思いますけど…。

折り返しの時期はマンネリと共に

来週の土曜日は普通に勤務日だよ…。一日に3クラス授業なんてなかなか恐ろしい(笑) 不本意ながらも申し合わせなので最初は休み明けテストから開始しますが、あっという間に授業もエンジン全開で始まります。 自分はまったく海外疲れから復帰できないでいるの…

引率からの帰還・身体は追いつかない

※写真は理想イメージです。現実ではない。 今朝まで修学旅行の引率でした。 いや、本当にハードです。仕方ないのだけど。 あまり体調に自信のない中の仕事でしたが、何とか身が持ちました。 無理をしたくはないけど、無理をせざる得ない場面があるのが苦しい…

仕事は終わるよ

本日で低空飛行も終了です。 あすから通常営業します。

ついにというべきか

教育に対するレッドカードがついに出た。

ネタはどこにでも

まだまだ続く仕事の修羅場。 体力的な限界を感じる。無茶をしないで生活するようにしてきていたから、ムリをしないといけないタイミングでどうも踏ん張りが利かなき。 でも、なかなか面白いものも見つけています。また、時期を見て自分の授業にとりいれたい…

山場、その2

なかなか時間が取れません。 明日には持ち直そうと思います。 教科のことをちゃんとやりたいと思うんだが……自分の教員としての基礎能力が疑わしい。 果たして、中等教育の教員の基礎能力とは何なんだろうか。

Copyright © 2017 ならずものになろう All rights reserved.