ならずものになろう

少しは教育について話してみたくなりました。書き続けて考え続けてみたい。

ならずものになろう

【スポンサーリンク】

沖縄旅行記その① はじめての深夜便

f:id:s_locarno:20180830190555j:plain

そんなわけで沖縄に行ってきました。

ブロガーのすなる旅行記というもの、国語教員もしてみんとてするなり。

色々なジャンルを書いてみることで、自分の指導にフィードバックするという意図でブログを書いている訳ですし、しばらくお付き合いください。

初めて深夜のフライトに挑戦してみた

今回は、色々な用事が重なっての沖縄旅行です。だから、予定としては比較的強行である。そのため、初めて深夜便というものを使ってみた。(海外は除く)

まず、深夜の羽田が非常に新鮮で驚いた。

f:id:s_locarno:20180830190943j:plain

こんなガラガラな羽田は見たことない。時刻は22時過ぎくらい。まあ、お店もほとんどしまっており、ぶっちゃけ何もすることがない!あてにしていたカードラウンジも当然しまっているし、ただ、ひたすら待機するだけである。

スカイマークのカウンターの周辺にはちらほらと待機組が見える。さすがに二時間前だとほとんどいない。しゃーないので、本を読んだりマッサージチェアで時間を潰す。

f:id:s_locarno:20180830191238j:plain

怒られそうだけど、まあ、人が全然いないので一杯だけ。

やっと保安検査場を抜けても、じつはそこから90分近くさらに待機。

f:id:s_locarno:20180830191416j:plain

見ての通りガラガラである。そりゃあもう気分良いくらいにガラガラ。

f:id:s_locarno:20180830191458j:plain

動く歩道もガラガラ。走ってもたぶん怒られない(怒られるのでやめましょう)。

やっとのことで登場である。あいにくの雨であまりきれいに写真も取れず……。

f:id:s_locarno:20180830190511j:plain

LCCとは違うというけど、さすがにJALやANAとは比べにくい。両側3列シートと比較的狭いが、まあ、窮屈感はない。ただし、トイレには絶対に出られないと思うのである。これ、結構、ハードだなぁと思う。

f:id:s_locarno:20180830192422j:plain

サービスでキットカットとホットコーヒーをもらいました。

あと料金が比較的安くなるので……まあ、騒がれても文句言えないのである。

たぶん、自分はANAとJAL以外もう使わない。

しかし、それでも深夜ということもあり、飛び立って一時間もすると就寝モードに周りがなります。自分はさっぱり飛行機の中では寝られません。海外に行くときは、もう覿面にダメです。

今回も案の定、寝られずきつかった……。

早朝の那覇空港に着く

海外と違って2時間もすれば到着してしまいますから、当然、到着後もまだ夜明け前である。

f:id:s_locarno:20180830192333j:plain

はい、当然、那覇空港もどのお店も締まっています。基本的に行き場がありません。まあ…たぶん、その気になれば追い出されはしないので、ベンチなどで待機は出来ます。

今回の便では到着が5時過ぎであり、出てくるときには5時30分くらいであり、6時過ぎにはゆいレールが動き出すのでどうにでもなります。

が、しかし、今回はあえて夜明け前の那覇の街を歩いてみました。話によると、深夜便の人々は赤嶺駅のマックまで歩くそうです。

 なるほど、確かに1kmくらいなら歩けるな!

歩ける……歩ける………歩け……

 

…………

 

歩けないこともないけど、お勧めしません。

赤嶺近くまでひたすらに上り坂です。それはもうダラダラと1キロちかく……。歩けないことはないけど長い。

f:id:s_locarno:20180830193454j:plain

 四苦八苦して何とか到着。ここが深夜フライトのメッカらしい。

………まあ、マックです。とくにいうことありません。

二時間くらいダラダラとしていい加減腰が痛くなり、その後、ゆいレールで那覇空港に戻り、到着でも使えるカードラウンジで疲れを癒したのである……。

f:id:s_locarno:20180830194009j:plain

すっかり太陽が昇ってきた。

f:id:s_locarno:20180830194048j:plain

赤嶺駅って最南端なんですね。ちなみに那覇が最西端。

f:id:s_locarno:20180830194226j:plain

乗り放題チケットがあると快適です。自分は滞在時間が短いので1日乗車券を買いました。

体力の消費が激しい

当たり前ですが、ほぼ徹夜なのでかなり体力の消耗は激しかったです。余裕があるならやはり深夜便よりも普通がベターですね……。

この後、自分はレンタカーを借りず、バスにも乗らず、那覇の街を歩き回りましたが……疲労困憊で偉い目に遭いました。

うん、無理は禁物です。金で解決できることは金で解決しよう!

Copyright © 2017 ならずものになろう All rights reserved.