ならずものになろう

少しは教育について話してみたくなりました。書き続けて考え続けてみたい。

ならずものになろう

【スポンサーリンク】

【書評】気軽に読める数学的な本『論理ガール』

f:id:s_locarno:20190211181332p:plain

連休の最後にさらっと読んだ一冊を紹介。積読だったのを消化しました。

論理ガール 〜Lonely Girl〜 人生がときめく数学的思考のモノガタリ

論理ガール 〜Lonely Girl〜 人生がときめく数学的思考のモノガタリ

 

 表紙買いですよ。ええ。

数学的な思考を使って

本書はライトノベル的なノリで、数学的なものの見方をして色々と考えてみようという話である。著者はビジネス書を多数書いている人物である。

入社1年目からの数字の使い方

入社1年目からの数字の使い方

 
マンガでわかる デキる人は「数字」で伝える (幻冬舎単行本)

マンガでわかる デキる人は「数字」で伝える (幻冬舎単行本)

 
そもそも「論理的に考える」って何から始めればいいの?

そもそも「論理的に考える」って何から始めればいいの?

 

本書も「普段はなにげなく流してしまう」ような話を、数学的な考え方を使って少し深く考えてみましょうというものである。

数学……というと、アレルギーを起こす人が多いのですが、本書は特に複雑な数式も出て来ないため、「数」学とはいうものの、「こういうものなのか」という考え方を知ることに近い。だから話としても軽くて、一時間もあれば読み切れる程度の内容である。

非常に優しく書かれている「数学って使えるよね」という本である。

これが数学教育や本家本元の数学として正しいはどうかは自分には判断しかねる。ただ、アレルギーを起こしている生徒の姿を見ていると、このくらい軽く読めて面白そうと思ってくれるなら、儲けものだなぁとは思う。

もっと踏み込んで数学するなら

本書を読んで何だか面白そうと思うのであれば、一歩踏み込んでやっぱりこっちを読んだほうがいいのだろうなぁと思う。

数学ガールの秘密ノート/行列が描くもの

数学ガールの秘密ノート/行列が描くもの

 

『数学ガール』は大学入試までしか数学を勉強していない自分でも読める数学の本で、色々な数学の見方を知れて好きなシリーズです。

『論理ガール』を読めたならこちらにも歩みを進めることができる……はず。 

 やっぱりラノベじゃないと読めないとかツッコまないでね……ブルーバックスは難しいんだよぉ……。

Copyright © 2017 ならずものになろう All rights reserved.