ならずものになろう

少しは教育について話してみたくなりました。書き続けて考え続けてみたい。

ならずものになろう

【スポンサーリンク】

一個ずつやる

f:id:s_locarno:20190603211701p:plain

週の初めからいきなり仕事が立て込んでいるのである。仕事が消えないのは仕方ないのでコツコツとやる……。

放置しない、迷わない

なぜ、こうも仕事が減らないのかと悩ましいところであるが、自分の引き受けた仕事だから仕方ない。順番に少しずつやるしかないのです。無理なものは無理だと学年主任に投げているので、それでも仕事の量は比較的マシ。

今がちょうど色々と行事が重なっていて忙しい。ペンディングになっていることが多くて自分で進められない。

また、生徒一人一人と色々な話をしないといけないタイミングであるので、生徒と面談をしていると放課後もあっという間に消えていくのである。

もう、仕方ない。

ここでの踏ん張りは種まきである。このあとの仕事をラクにする種まきである。

一つ一つをきちんと進めるのである。

こういう時に怖いのが、やるべきことの飛ばしである。

毎朝、必ずTodoリストをつくり直して確認しているのである。

Todoist: ストレスフリーのタスク管理
Todoist: ストレスフリーのタスク管理
開発元:Doist
無料
posted withアプリーチ

もうこうなってくると、一つ一つ山のようなTodoリストを一つ一つ潰していくのが快感なのである。

成果を上げて5時に帰る教師の仕事術

成果を上げて5時に帰る教師の仕事術

 

ここで学んだ仕事術です。全然、五時には帰れませんが。

迷わずに仕事をダダダダダダダとやっていくのが楽しいのである。

しかし授業は煮詰まらず

次の単元を始めなければなぁ……と思いながらも、座って仕事していないのでどうも単元が煮詰まらない。

こうやって追い込まれてくると、まあ……色々と作り込みすぎて、生徒との距離が離れてくるような気がするので、シンプルにやったほうがいいのかな。シンプルにやるって別に時間がなくて準備不足という意味ではないのだけど……。

Copyright © 2017 ならずものになろう All rights reserved.