ならずものになろう

少しは教育について話してみたくなりました。書き続けて考え続けてみたい。

ならずものになろう

【スポンサーリンク】

腰痛の耐えられない痛さ

Charlotte

腰痛である。

のちに腰痛へ苦しむ人へ対処法を記す。なお、タイトルは

 

存在の耐えられない軽さ (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 1-3)

存在の耐えられない軽さ (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 1-3)

  • 作者:ミラン・クンデラ
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2008/02/09
  • メディア: ハードカバー
 

 

やらかしたら冷やす

もっとも大切なことは、やらかしたと思ったらとにかく下手に動かずに、腰を冷やすことである。なかなか職場だと難しいかもしれないが、とりあえずこれができるかできないかだけでのちの復帰までの日数が変わる(体感)。

湿布ではダメで、まずはとにかく氷で冷やすのである。

もちろん、当日は湯船に入るのは厳禁である(というか痛くて入れまい)。

とりあえず病院へ

腰が痛くて動けない可能性もあるが、ぎっくり腰以外の病気の可能性もあるので、できるだけ早く病院へ。レントゲンやらの検査をしてくれます。ぎっくり腰だと何も異常が見られないので安心して布団の中に引きこもりになれます。

また、たいてい処方箋でロキソニンやらをもらえるので、薬の力でだいぶ楽になることができます。

 

ちなみに腰痛が最悪にひどい時に、いくらサポーターをつけても無駄である。

 

 

ロキソニンを飲んだら

ロキソニンを飲んで、動けるようになったら、少し痛いと思っても日常生活に戻った方がよいのである。

安静にしていても血流が悪くてあまり回復が進まないのである。

ロキソニンを使えると体感的には100の痛みが40くらいにはなるので、行動くらいできるようになる。まあ、激痛ですよ。

それでも動いていた方が3日くらいでマシになるので、早めに動き出した方が良い。まあ……休めないから動かざる得ないことの方が多いのだけど。

Copyright © 2020 ならずものになろう All rights reserved.