ならずものになろう

少しは教育について話してみたくなりました。書き続けて考え続けてみたい。

ならずものになろう

【スポンサーリンク】

読書と蔵書の記録にくじけて…

f:id:s_locarno:20210106192504p:plain

冬休み中にもう少し蔵書の整理をしたかったのだが…。

Notionのデータベースとしての機能を活かして、読書記録などと並行して蔵書管理をしようと思ったのだけど…。

そもそも所有済みのものは無理でした

Notionの勉強ついでに、蔵書管理ができないもんかとやり始めましてね…。

まあ、サクサク動いて、こうやって書影も表示できるとなるとなかなか面白いわけだ。作り方については、以下の動画などを参考に。

youtu.be

ここまでこだわって作るなら、まあ情報の再生産もできそうなので悪くはないかと思いますが………。

歯切れが悪くなりますね。はい。

はいはい、毎回のことであるので自分でもやる前から分かっていたよ。

居間のこたつの脇にコンテナが4つくらい重ねて積ん読しているわけで…。その積ん読リストを作るだけでも、気が重くなる。たぶん、すぐに手に取るべき本だけで100冊以上は近くに積ん読しているので、実際に読書済みの書籍や実家に閉架してある書籍までやろうと思ったら……バイトを雇った方がいいな、うん。

悪態を突きましたが、悪いのは自分です、はい。まめに買ったときに記録を取らないのが悪いわけでして…。

NotionかScrapboxか

ちなみに、上のツイートでも言及していますが、読書記録というとScrapboxが界隈だと有名です。自分も使ってみた感覚だと、読書記録の面白さという観点で言えば、Scrapboxに軍配が上がるように思います。

この界隈の巨頭、倉下さんもこう言っている通り、読んだものを再加工したり再拡大したりするときに、Scrapboxのあの感覚が気持ちいいのです。

www.outoutput.com

操作感覚という意味だと、Notionがやっぱり凄く気持ちいい。でも、リンクが自動的に出てくるScrapboxの感覚は他には真似できないね。ただ、UIがなかなか個人的になじめない。

そもそも記録は必要なのか?

記録をろくに取れないために、どこに何の本があったかを探すところから授業準備が始まるのが非常に生産性が低いと思うのである。だから、ちゃんと「どこに保管しているか」「貸し出していないか」「どんな内容か」などをデータベースで管理しておくことで使えることは大いにあるんじゃないかと思うのですが……量が多くてくじける。

いや、過去のものを投げ捨てて、今からやれって話なんですが、……過去に読んだものを無視するのは精神的に難しくて……。精神的に、という面もあるが、過去に読んだものの方が、結局、大学、大学院時代に購入したものも多いので、自分の中の基礎文献のようになっているものも多くて、むしろそういうものをデータにしておかなくていいのかという気もして……。

はい、グダグダいうまえに片っ端からやれって話ですね、はい。でもなぁ……面倒なのです。

……およそ、蔵書づくりに性格が向いていないのだった。

余談、電子書籍や書籍のデータ化はしないのか

電子書籍については、利用しないことはない。Kindleの愛用者ですし。

Voyageが販売中止になったことを未だに恨んでいるよ……。Voyageを手放せません。

電子書籍で読むのは、比較的安価な教育書やラノベやマンガなどですね。本格的に腰を据えて読む本は紙で買います。

本格的に読む本は、本文を行ったり来たりしながら読んだり、必要なときに全体をバラバラと目を通し直したりするために、紙の方が利便性が高いのです。そもそも、自分が読む必要のある本は、電子書籍で売っていないことの方が多いし。

自分にとっての永遠の謎であるこの本も、電子書籍では出ていないし。

この手の全集本も全く電子書籍になっていない。

では、この手の書籍は自炊するという手があるのではないかという意見もある。しかし、これは自分はイマイチ苦手である。

第一に、利用の仕方を考えると、紙の方が都合が良いことの方が多い。OCRの精度が上がってきているし、端末の性能も上がってきているので、あと数年でこの辺りの事情は変わるかもしれないけど。

もう一つの方が精神的に重くて、この手の全集系の本は「絶版」のものがほとんどである。だから、もう今後、今、古書として出回っているものが滅びてしまえば、世の中には出回らなくなるものだ。

そういう本を自分のところで裁断して、他の人の手に二度と渡らないような形にしてしまってよいのか……という気持ちがどうも出てしまいましてね。

もし、自分に子どもが生まれて、国語科の教員として子々孫々と生きていくというのであれば、形見として電子化してやるかもしれないけど……そんな予定はないのである。

Copyright © 2020 ならずものになろう All rights reserved.