ならずものになろう

少しは教育について話してみたくなりました。書き続けて考え続けてみたい。

ならずものになろう

【スポンサーリンク】

祝日なのに…

f:id:s_locarno:20210320200351p:plain

今週のお題「祝日なのに……」

学年末の良いところはちゃんとカレンダー通り休みが取れることですね。なかなかカレンダーが旗日でも休みが取れないのが今年ごとなので…。

しかし、そんなに簡単に話が進まない。

学年末のお仕事

学年末と言うことで些末な雑務がある。色々な原稿を書いたり文章を作ったりといった類いの仕事である。次年度に向けて仕事の引継書が必要な場合もあるので、そういう引き継ぎの書類を作るのにも時間がかかる。

身辺整理をしなければいけない時期であるので、色々と片付けなどもしていると、あっという間に一日が終わってしまう感じがする。

当面、大きな仕事としては指導要録というラスボスがいるがこれは学校でなければ出来ない仕事なのでとりあえず来週に向けてウンザリしています。

それ以外のちょっとした引き継ぎの書類などは今のうち……。

次年度は新学習指導要領の準備の一年になるはずなので、一月から運用を始めているNotionで作業するためのページを作成始めました。

f:id:s_locarno:20210320201004p:plain

※あくまでイメージです。入っているタスクなどは仮置きのテスト用です。

Notionは慣れてくるとこれはもう最強ですね。動作の軽さと多機能を実現しているって本当神懸かっている。Chromebookとの相性もバッチリです。

この手のテンプレートはしっかりと設計を考えて作っておくと、あとから自分の身を助けてくれるので頑張っておかないと……。

オンライン添削サービス(残業)

生徒に出している課題も年度末で締め切りである。駆け込みでの添削希望がどんどんやってくる。

オンラインだから気軽に24時間添削希望が出てくるわけだが……こちとら休日である。仕事としては制限しないといけないと思う反面、時間に融通があるから一気にやりたいという気もする。

まあ、あまり生産性のよい仕事だとは思わないが、生徒が書くことのプロセスに形成的に介入できるのは新しい体験で色々な学びがあると感じる。書いてきた物だけでコメントをしておしまいというよりも、書いている途中にアドバイスしたり相談したりできるのは手応えを感じるところだ。

一人一台Chromebookの状態の実践で、この書いている途中へのアプローチがよいという話を何度も聞いていたけど、実際にやってみるとその良さがよく分かる。

Googleドキュメントだと履歴も残るので見えてくる情報が段違いである。

ま、とはいえ、あまり休日を圧迫しすぎるのもどうかと思うので、やっぱり自分が指導する人数というのは大きな問題のように思うのである。

Copyright © 2020 ならずものになろう All rights reserved.