ならずものになろう

少しは教育について話してみたくなりました。書き続けて考え続けてみたい。

ならずものになろう

Audibleが大変なことになっている!

f:id:s_locarno:20211129202454p:plain

amzn.to

本日からAudibleがコイン制から聴き放題サービスに変更になりました。

月額1500円で12万冊以上が聴き放題というサービスになりましたが、聴き放題のオーディオという意味だと、比較的高価なサービスになる。

audiobook.jp

こちらのサービスと比較すると約2倍の値段になる。

これまでのコイン制だと、どの本でも好きに聞くことが出来たので、比較的高価なオーディオブックでも定額で聞けていたことは割と納得感があった。

しかし、これが同じ月額で聴き放題になったことで、自分の聞きたいものが聞けなくなったら嫌だなぁ……と思っていたのです。しかし、ゆるゆると聴き放題対象のコンテンツを確認していると……!!

勝った!

期待以上の聴き放題対象作品群にテンションが上がっています。

Audible限定作品が嬉しい

素直にすごいなと思ったのが、聴き放題にしなくても売れそうな話題作がちゃんと聴き放題対象になっていることだ。

例えば、直木賞を受賞した米澤穂信の『黒牢城』のオーディオブックが

黒牢城

この通り聴き放題対象なのです。しかも、これはAmazon限定なので他では聞けない。

普通に商品としても売れそうなのに聴き放題対象になっていることが驚異です。(表記がちょっとおかしくなっているところもありますが)

それどころかニューリリースもしっかり聴き放題対象になっているのにも驚愕します。

鬼物語

新着作品は2ヶ月くらい待たされても文句は言えないと感じるのだが……まさかの即日、聴き放題対象。

オーディオブックの決定版になるか

他のサービスよりも確かに割高になっているのですが、いかんせん聴き放題対象のタイトルがパワフルすぎる。

一通り、自分の興味関心のある本を聴こうと思ったら、おそらく一年以上はかかるんじゃないかと思う。基本的にオーディオブックはながら作業で消化できるけど、その分、読むよりも時間がかかるので、サクサクとは読み放題を消化できない。だから、月額1500円をしばらく支払い続けて、オーディオブックを楽しみ続ける気がします。

Amazonのサービスなのでechoなどでも聞けるので、割とサクサクと消化したいものは仕事をしながらラジオのように流していても良いなぁという印象です。

とりあえず、発売されている転スラが11巻までは無料なので、とりあえず聞きまくろう。

予約段階だと料金表示がされているのだが、新刊が出たら無料になるのだろうか?それも気になるところ。

Copyright © 2020 ならずものになろう All rights reserved.