ならずものになろう

少しは教育について話してみたくなりました。書き続けて考え続けてみたい。

ならずものになろう

少しずつ変わっていく

五月の終わりを迎え、考査が返却されるなど色々なイベントを経て、四月から少しずつ新入生は高校生へと成長を続けています。

つとめを果たす

本日で自分の採点関係の仕事が片が付いたのでやっと羽が伸ばせる気がします。 返却用の資料を作っていたら早速採点ミスを見つけて資料を作り直すなど……そういう気分の落ち込みがあるが、切り替えて今後に備えます…。 採点業務がかなり早く進んでいるのだけど…

採点しながら考える

新入生の初の考査。 ペーパーテストをすると、どういう答案を仕上げてくるのかということを見れば、だいぶ生徒の姿が見えてくる感じがある。

教育実習が始まる

タイムラインなどを見ていると教育実習の話題が出てくる時期である。今年も色々と大変な逆境の中、教職課程を履修してきた学生が現場にやってくる。

共有するために

自分だけの授業ではない授業を準備する役割を持つことも増えました。

少しずつ上達する

授業時間を捻出して、継続的にリーディング・ワークショップを続けています。 読書家の時間: 自立した読み手を育てる教え方・学び方【実践編】 (シリーズ・ワークショップで学ぶ) 新評論 Amazon

Copyright © 2020 ならずものになろう All rights reserved.