ならずものになろう

少しは教育について話してみたくなりました。書き続けて考え続けてみたい。

ならずものになろう

【スポンサーリンク】

教育一般

教育についてざっくばらんに

「「指導と評価の一体化」のための学習評価に関する参考資料」が出ています

www.nier.go.jp 昨日、国立教育政策研究所からH29年度版学習指導要領に対応する「「指導と評価の一体化」のための学習評価に関する参考資料」が公表されました。 新学習指導要領の実施は小学校は今年の四月から、中学校は来年からとなっているので、この資料…

少し先の未来を話し合う

三月も下旬に入りまして、本格的に次年度の準備が進んでいます。会議で次年度の行事予定が決まりつつあるので、次は自分の身の回りのことの準備を進めていくことになる。 授業のことや学年のこと……一人では決められないし、周りを巻き込むような立場になって…

新学期が始まる前に読む二冊

新学期が近いと言うこともあり、新任の先生方に向けての読書案内がちらほらと見られるようである。 その流行に乗って自分も二冊(シリーズもの)を紹介してみようと思う。あまり小難しい話はなしとしておきます。全力で読むべきだ!というのと人に勧めるのは…

臨時休業を前向きに考えると

コロナのせいでいよいよ非常事態な感じがしてくる今日この頃。生徒のいない学校の薄ら寒さもいやな感じである。 しかし、あまりウジウジと愚痴っぽくなっても仕方ないので、休業によって恩恵を受けたことを少し書いてみよう。

休業中には共通テストを…

曜日感覚が何だか怪しくなってきた今日この頃です。 また、明日から休業の一週間が始まります。来週に入ると成績関係の処理もだいぶ落ち着いてくるんじゃないでしょうか。 時間ができたときに、高校の教員としてやっておいた方がよいだろうことが「大学入学…

担任の仕事とは…?② ~受験にまつわるエトセトラ~

前回に引き続き、高校3年から逆算して担任の仕事を整理していきます。 【前回】 www.s-locarno.com

四六時中では…

ここ数日は、学校に新しくICTが入ってきたということもあってニュースでICTネタが多い。そんな流れでこんなニュースが流れてきた。 www3.nhk.or.jp 新型コロナウイルスの感染拡大で多くの学校が休校となる中、インターネットを通じて子どもの様子や学習状況…

風向きの変化か?

休業が始まって3日目。仕事もだいぶ片付いてきて、会議と根回しで時間を潰しているような感じになってきた。 そんな中、時間が増えた先生が多いので、少しICTに対する風向きの変化を感じるのである。

寒々しい教室

生徒を改めて眺めていると寒々しい気持ちになるのである。陽の光はだいぶ春らしくなっているのに、教室は寒々しい。誰もやってこない教室ほど興ざめなものはない。すさまじきもの。

モチベーションを作り直す

本日は昨日、出勤しているのでその振替休日である。こんなにすんなりと振替休日が取れることが珍しい。生徒が登校してこないことを実感するのである。

あっけない終わりにも

正真正銘、本日で2019年度の登校日は終了。あっけないものである。 www.s-locarno.com 自分が思った以上に、愛着と思い入れでこの仕事をしているのだと思い知らされたよ。中学四年生だと思っていた生徒たちが立派に成長していることと、自分がこの子たちの担…

突然の終わり

今年が終わってしまった。まあ…片付かないから要請の間隙を縫って、明日は登校するのだけど…。 www3.nhk.or.jp 私立だからと言って、無視できない。 勝手な運用はできないのが、一条校というものである。あと、普通に要請無視して事件になったら学校が吹っ飛…

国公立大学入試問題RTA

2月末は国公立大学の入試ですよ!!入試の最終コーナーである。

座って勉強する

本日は前回に引き続き、再び勉強へ。 www.s-locarno.com 腰痛が酷いところなので、6時間座っているのが大丈夫か心配だったよ……。

ICT化が進んでいく……か?

文科省からこんな情報が、先日出された。 www.mext.go.jp 日々、更新されていくGIGAスクール構想。この流れに乗り遅れて、不利益がないようにしたいものであるが……(私立はまだこれから?というくらいに遅いが、そろそろ公立はいよいよ…)。

どうしたらいいんですか?

バレンタインのせいか、生徒がなんだか慌ただしい。友チョコを配るために、かなりの労力が取られているらしい。 男子はソワソワしている?そうでもないように澄まし顔しているのが、高校生男子だろうか。 やることをやっても 軽くカフェで昼食を取るようなノ…

寄せ集めの知識ではなく

「バンザイシステム あてにならない」で検出流入が増えているのに、受験生の悲痛さな気持ちを感じる今日この頃ですが*1、学年の授業がそろそろフィナーレです。いよいよ最終単元へ。 *1:なお、バンザイシステムは100%あてにはならないけど、大規模な傾向…

ICT化のためのボトルネックを考える

本日はカレンダー通りに休み。珍しい。 明日からまた色々と次年度に向けての会議があるので、自分の資料を整理するなどしつつ、次の単元の準備をしているところである。 次年度、かなり勝負になってくると思っているのがICTを使えるかどうかということである…

入試問題を眺めつつ…

前からやろうと思っていたセンター試験の解説授業。とりあえず、ここまでの色々と集めた情報も含めて生徒に提供しつつ、改めてセンター試験の構成が良くできているなぁと思うのである。色々な制約のある中でよくやっているとしか言いようがない。

自分の勉強へ…

本日は休みをあきらめて自分の勉強へ遠くへ。今日は授業研究というよりは受験指導のための勉強である。国語科教育のことをやるばかりではなく、こういう勉強も勤務校の仕事として必要なのです。

何気ない生徒のつぶやきから

毎日の大福帳の添削は自分の日課である。情けないことに、生徒から直接、物を言われないと、生徒のことをよく理解することができないのである。だから、この日課は欠かせない。そんななか、生徒のつぶやきに少し面白く感じるものがあった。

調べ学習から探究まで

生徒と次年度の総合学習に向けてゆるゆるとテーマづくりや問いについての授業と振り返り。生徒がとりあえず気楽に出してきた問いや知っていることを読んでみて、なかなか「うーん?」と思うのである。

学習指導要領を読むのは難しい

次年度の色々なイベントの計画を学年で相談しているときに、学習指導要領の話になった。私立の学校だとかなり珍しいケースである。 そこで話題になったのが、「学習指導要領をどう読んだらいいのだろう?」という話である。

授業研究をどう考えていこうか

今回の授業づくりネットワークは、普段に増して一層、心が惹かれる特集である。 授業づくりネットワークNo.34―「授業研究」を真ん中において職場をつくる! 作者: 出版社/メーカー: 学事出版 発売日: 2020/01/10 メディア: 単行本(ソフトカバー) まだ、忙し…

文科省のメールマガジンが面白い

本日は振替休日。ひたすら休む。 休みながら積読を読書しました。各所で話題になっていた本など。 数学ガールの秘密ノート/学ぶための対話 (数学ガールの秘密ノートシリーズ) 作者:結城 浩 出版社/メーカー: SBクリエイティブ 発売日: 2019/11/23 メディア: …

実践記録をどう読むか

なかなか雑務に忙しくて授業の準備もおざなりで、実践記録を読んでいる余裕もなし。 そんな状況であるのだが、色々と実践記録について考えることもあり……。

提案を続ける

自分の分掌がどこなのかよくわからない仕事をしている今日この頃。 その方が合理的な気がしている。

一人前になるまでに

今週のお題「二十歳」 今年、教えている高校1年生は二年後は成人となる年度の生まれなのですよね。 法務省:民法(成年年齢関係)改正 Q&A ※細かいことをいうと、早生まれとか面倒な話はあるけど、高校1年の学年は大学入学時には全員成人というわけです…

「質問」の授業に役立つ論文は?

新年早々ですが、仕事の予定から逆算するともう遊んでいられない感じですね。 三学期に新しい授業に挑戦しようと思う人は少なからずいると思いますので、自分の興味関心のある「質問」についての内容を少し共有しておきます。

進路を見通して

年内も本日にて終了。 年が明けたらまたすぐに会議をして、次年度の予定を考えなければいけないので、休みの間も自分としてはフル稼働です。生徒に勉強しろというからには、自分も生徒に少しでもよい循環を生み出せるように、下準備に奔走したいと思っていま…

Copyright © 2017 ならずものになろう All rights reserved.