ならずものになろう

少しは教育について話してみたくなりました。書き続けて考え続けてみたい。

ならずものになろう

【スポンサーリンク】

教育一般

教育についてざっくばらんに

大学入学共通テストプレテスト雑感

巷で話題の新テストのプレテストが行われました。 平成30年度試行調査 問題、正解等_1110|大学入試センター 去年の一回目の試行調査からはまた少し変化したところもあり、思うところもあるので忘れないうちにメモしておこう。 先に断っておくが、あまりテス…

職場で隣に座っている人のことを

昨日の勉強会を終えて、ちょっとまだ気が昂り気味です。 www.s-locarno.com たくさんの方に読んでもらえて嬉しいです。そして、多くの職場で「話すこと」が不足しているんだなぁ……と。

秋の読書タイム~近日発売の書籍より~

積読は増えるばかりだけど、買う本の量は別に減らない。 とりあえず、最近発売されたり発売予定の本をまとめておこう。

今年も大妻嵐山の公開研究会へ行ってきました

予告通り、去年に引き続き大妻嵐山の研究会へと行ってきました。 www.otsuma-ranzan.ed.jp 昨年度と比較して確実に進歩しているのだなぁと感じる点が多々ありました。 www.s-locarno.com こういう時にブログを書いていると思い出せていいですね。

「論理国語」やら「実用国語」やら

今になって随分前の記事が読まれている。 www.s-locarno.com これはパブコメの時の「案」について、気になるところをつまみ食いして書き散らしているものなので、あまり今の段階となってじっくり読まれても得られる情報はないと思う。 そして、自分としても…

大量に志望理由書を見てきて分かること

私立のAOや推薦の出願の山場が終わりましたが、そろそろ国公立の出願が始まりますね。 私立に比べて、さらにハードな書類提出が求められるのが、国公立のAO推薦である。 なかなかハードな課題にめげそうな生徒(と教員)がいると思いますが、「語るべきこと…

ポートフォリオの前に

生徒を理解しようとすることで授業への生徒の満足度があがるのではないかということを昨日の記事では書いた。 www.s-locarno.com まあ、ダラダラと書いているので別に何か強力な根拠がある主張ではない。ただ、生徒を理解する機会は大切だよなぁというくらい…

世の中の流れを確認して

本日は某社の研究会のために出張。 新しい話はほとんど出て来ないのだけど、たまには外に出て自分の勤務校との温度差を確認しておかないと色々なことを棚上げにしてしまいそうなので意識的に出かけることにしている。

自分たちの授業を思い返して

そろそろ考査。 一旦、授業も小休止。生徒のも受験勉強と並行しながら考査の勉強。やっと仕事が多少落ち着いて、なんとか教室を見て回る余裕も出てきました。 そんな中たまたま生徒と色々と話すことがあり、自分たちの授業について思い返していたのです。

学級とはなにかを見直すこともときには

慌ただしく変わる教育であるけど、もう五年くらいは「学級」を基本とする学校の形が主流としていくのだろうと思う。 たまたま生徒の受験の課題絡みでそのような話をしていたので、いくつか思うところがあって、学級についての資料を引いてみた。まあ、例によ…

やってきたことが返ってくるときは?

昨日の公開授業の感想として大切なものをもらっていたのを忘れていた。 www.s-locarno.com 大抵の感想は「授業」そのものに集中していたわけですが、それとは違った観点の感想をもらっていた。

見取る力を鍛えるために

そろそろ考査も見えて来たこともあり、これまでの期間のまとめに入りつつある。今回は受験のこともあるので、実際に考えてきたことをまとめるような課題で単元を振り返らせつつ、力をきちんとつけられるようにしたいなぁと思う。 添削の山を抱えているので、…

使っている言葉が表している

教育実習のシーズンも終わりましたね。自分がこの勤務校に来て初めて教えた学年の生徒が実習に来ていたので、少し感慨を覚えることもあり……。 実習生の授業を見て、実習生に助言をするというのは、とても大切な仕事のように思う。何を話すのかは難しいのだけ…

ALPをざっくりと眺めてみた

居酒屋のメニューみたいですが、「Active Learning Patterns for Teachers」の45個の観点の一覧表です(上の写真はBenesseからもらった冊子の裏側に掲載されているものです)。 id:Yacchae先生が始めてくださった企画に乗ろうと思っていますが……出願などで忙…

なかなか難しいものがある

実習生に授業を見てもらいました。何度か書いているけど、誰かに授業を見てもらうこと自体が勉強になるのでありがたいのです。 www.s-locarno.com www.s-locarno.com ただ、自分が上手くいっていないと痛感させられました。

人の振り見て我が振りが見えてくる

九月に入ると教育実習の季節です。 なんやかんやと教育実習生と話して一緒に授業を考えていると、初心にかえって丁寧に授業について考えられます。

学習指導要領が変わることに向かって

新学期が始まりまして、学校の業務も通常営業。 少し、教科でも次期指導要領について、今後、どのように向かっていくのかということを話す時期になりました。

ルーブリックがわからない!

今日はとある出張に行ってきました。 そこで、話題にされて強調されていたのが、非認知スキルとルーブリックなのですが……。自分の知っているルーブリックとは違ったのです。

カリキュラム・マネジメントについて考えないと…

そろそろ始業式の学校などもあり、自分のほうの授業も迫ってきている。残念ながら、よいアイデアがないので現状、行き詰っているのである。 それはそれとして、色々とあってカリキュラム的なことを考えておかないといかんなぁ…となっているのです。

AO・推薦の指導のためのネタ本

夏休みもあと一週間と半分といったところ。九月に入るとAOや推薦試験の書類の出願が次々と始まっていく。そのため、生徒の書類の添削も一つ目の山場を迎えている気がする。 なかなか小論文や出願書類の添削は個人芸になりやすいところだ。そんな個人芸を磨く…

教育関連のニュースより

昨日、今日、ニュースで結構興味深いニュースが流れてきた。 文科省のウェブページを見てもどこがソースなのかイマイチわからなかったのですが、忘れないうちに感想をメモしておこう。

枠を乗り越えて

今年は『教育科学国語教育』に溝上慎一先生の連載が続いているので、ことあるたびにこのブログでも紹介している。 www.s-locarno.com www.s-locarno.com 今月号は「進学校」でのアクティブラーニングについての解説が載せられている。 教育科学 国語教育 201…

【書評】人材育成と教育はちょっと違うけど

思ったよりも読書の速度が上がらない。気分転換がてら、少しだけジャンルの違う本を読んでもいます。 研修開発入門 「研修転移」の理論と実践 作者: 中原淳,島村公俊,鈴木英智佳,関根雅泰 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2018/06/21 メディア: 単…

復調し始めてきたので読書

二日くらいダウンし続けていましたが、少し復調し始めたので読書し始めています。まあ、まずは軽い読書から。少しだけ紹介。

「未来の教室」を模索して

最近、こんなことがニュースになっていた。全然、忙しくてコメントできていなかったのだが。 resemom.jp 経産省が中心となって提言を行っている「未来の教室」事業である。この事業については、自分もかなり衝撃を受けて、注目し続けている。 www.s-locarno.…

未来の教育ビジョンへの理解を深めるための参考書籍

昨日の興奮がまだ冷めません。 www.s-locarno.com 落ち着いて資料を読もうとは思っているのですが考査前で時間がないのと自分のテンションが下がらないこともあって、まだ、読み切れていません。 ほぼ同じタイミングで出てきたからこそ、比較して読むことで…

頭を殴られた思いがする

先日、経産省からこんな提言が出た。 www.meti.go.jp 流し読みしていたので、全体像を把握していなかったのだけど、本日、たまたま経産省の方からこの提言について聞く機会があり、まさに頭を殴られたような気持になりました。 ※提言の内容の詳しいまとめは …

【書評】リーダーシップと学校

何のための教育なのかということを考える時に、単純で分かりやすい答えとしては「社会で役に立つ人材を育てる」というものだろう。 しかし、この答えは非常に曖昧なものであるし、その時々の社会の都合に簡単に振り回されるような危うさを持っている。だから…

アクティブラーニングと教員と生徒

今月の『教育科学国語教育』の溝上慎一先生の連載が面白かった。 教育科学 国語教育 2018年 07月号 出版社/メーカー: 明治図書出版 発売日: 2018/06/12 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る テーマは「アクティブラーニング型授業における教師と生徒…

授業を見てもらうと

今週は授業見学に来ていただきました。 何度か授業を見ていただく機会はあるのですが、やっぱり授業をみてもらうのは自分にとって勉強になるなぁと感じます。

Copyright © 2017 ならずものになろう All rights reserved.