ならずものになろう

少しは教育について話してみたくなりました。書き続けて考え続けてみたい。

ならずものになろう

【スポンサーリンク】

イベント記録

出かけて行ったら記録をしておく

高校生の探究の成果を見ると…

三月にお邪魔した掛川西高校の高校生たちの探究的な取り組みの成果が形になったようです。 www.s-locarno.com kakegawa-navi.sakura.ne.jp 詳しいレポートは「教育ICTリサーチ ブログ」の為田さんが書かれているのでそちらをぜひご覧ください。 blog.ict-in-…

附属中の公開研究会へ…

本日は首都圏の附属中の公開研究会へ。 自分の仕事を脇に置いての所業である。

たまには息に抜きに

有名大の文化祭へ。 気分転換に。仕事は放り投げる。 テストを誰かに作って欲しい……。 成績をハックする: 評価を学びにいかす10の方法 作者: スターサックシュタイン,Starr Sackstein,高瀬裕人,吉田新一郎 出版社/メーカー: 新評論 発売日: 2018/06/28 メデ…

未来のマナビフェスが今年も…

溝上慎一先生のメーリングリストから興味が惹かれるお知らせが来ました。 kyoto-u.s-coop.net 昨年も台風の影響で一日だけになったものの、大変に盛り上がった「未来のマナビフェス」の今年の案内です。 詳細は、上のメーリングリストのリンクからご覧くださ…

掛川西高校へお邪魔してきました

わずかな春休みを無理矢理に取って、掛川に出かけてきました。 掛川西高校の吉川先生の面白そうな試みを教えていただき、ぜひ伺いたいと無理にお願いしたことで実現しました。 note.mu 慌ただしく遅刻して現れて、颯爽とイベントの途中でいなくなるという失…

独り占めしても仕方ない

とんぼ返りの日程で無茶を言って見学に行ってきました。 また、詳しくはパソコンのあるところでまとめようと思いますが、今は別の感想をあっさりとまとめておきます。 教育は教員の占有物でもない 教育基本法が別に教員だけを縛り付けるものではなく、教育全…

新年度に向かって学校を離れ…

昨日、業務を放り投げたので、野暮用を済ませてから、自分の勉強のために西へと旅立ちます。 まあ、見学させていただくだけでは、自分の実践には全く繋がらないので、見たのちにどうするかの問題だけど……とりあえず、今は春休みなので深追いはせず、見ること…

今日はガチガチの受験指導を学びに…

今日は昨日とうって変わってゴリゴリの受験指導の勉強に出張。 駿台の東大入試問題研究会へと行ってきました。勤務校としては進学指導で集客していることもあって、生徒からのニーズはあるからね……。 あとは、今年は自分の教えていた生徒が複数名、東大を受…

都立南多摩中等教育学校の発表会を見学へ

今日は時間があることを活かして遠出。 都立南多摩中等教育学校の成果発表会を見学してきました。 www.minamitamachuto-e.metro.tokyo.jp たった半日ですが気分転換として、そして今後どうやって運営していこうかを考えるのによい時間でした。

今日は都内へと勉強に……

今日はお茶の水女子大附属中まで行ってきます(※上の写真は御茶ノ水違いである)。 この本の出版記念イベントへ…。 学びの質を高める! ICTで変える国語授業 ―基礎スキル&活用ガイドブック― 作者: 野中潤 出版社/メーカー: 明治図書出版 発売日: 2019/02/07 …

本日はお出かけ

本日はこの辺りから抜けて、とある中学へ見学に。緊張しています。 なかなか自分の授業があると見学に行かないので、受験期の時だけ少しだけできることである。 それにつけても研究日くらい欲しいのだが……世の中は甘くない。

国語科の矜持

本日は茗荷谷まで遠出。日本国語教育学会の中学校部会に参会。 シンポジストに甲斐利恵子先生(東京・赤坂中)、児玉忠先生(宮城教育大)、鈴木一史先生(茨城大)を迎えてのシンポジウム形式のイベントでした。 個人的な知り合いにも何人かあって、久しぶ…

苫野一徳先生の講演会を聞きに行ってきました

今日は全国各地で様々な教育系のイベントが開かれていますが、自分はもともと休みではないつもりだったのでスルーしていたのですが、急遽、休みになりまして。 どうしようかと思案していたら、こんなイベントが……。 www1.ex-waseda.jp ちょうど、増席もあっ…

今年も大妻嵐山の公開研究会へ行ってきました

予告通り、去年に引き続き大妻嵐山の研究会へと行ってきました。 www.otsuma-ranzan.ed.jp 昨年度と比較して確実に進歩しているのだなぁと感じる点が多々ありました。 www.s-locarno.com こういう時にブログを書いていると思い出せていいですね。

未来のマナビフェス まとめと感想

一週間かかってレポートを書いてきましたが、昨日で一段落です。 最後に記事リンクのまとめと自分の感想を少しだけ書いておこうと思います。

未来のマナビフェス レポート最終回 ラップアップセッション編

長々と書いてきた未来のマナビフェスですが、今回で最終回です。 最後は大会副実行委員長の中原淳先生によるまとめです。 www.s-locarno.com www.s-locarno.com www.s-locarno.com www.s-locarno.com

未来のマナビフェスレポート④ リフレクションセッション編

レポートも残すところ今回を含めてあと2回です。 今回は、リフレクションセッションの内容です。これは4会場に分かれてのセッションなので、一人で全部に参加することが出来ません。ちなみにプログラムは 【トランジション】溝上慎一(京都大学教授) 【ア…

未来のマナビフェスレポート③ セッションなど色々と

そんなわけでまとめの三回目です。あと二回くらいで終わりにしようと思いますが。 www.s-locarno.com www.s-locarno.com 今回は、初日中止の影響をもろに受けて、一番、圧縮されてしまったプログラムの部分のまとめです。

未来のマナビフェスレポート② 基調講演:キーコンピテンシーとEducation2030

※https://be-a-learner.com/manabifes.htmlより 昨日のレポートの続きです。 www.s-locarno.com 今日は、文部科学省:白井俊氏とOECD:田熊美保氏のジョイントプレゼンテーションの内容をレポートします。

未来のマナビフェスレポート① オープニングセッション編

※なんて見栄えのしない写真を選んでいるんだ……。 さて、前々から楽しみだと宣伝していた未来のマナビフェスが無事……ではないけど(後述)、なんとか盛会のうちに終了しました。 非常に情報量の多い一日でしたので、少しずつレポートで内容を紹介していこうと…

ウォーターフロントな有明祭りに行ってきます

本日は始発に乗って有明に行ってきます。 果たしてまともにたどり着けるのかということに本当に心底怯えています。 事故が起きないように早めに出るのだけど、どこかでなんとか時間を潰せないものか……。気をつけないと体力が先に限界を着てしまうのです。

平成最後の夏の予定(前半戦)

夏のイベント整理。

【多賀一郎×苫野一徳】信頼を実現する学校に必要なものは何か、その②

昨日の続きです。苫野先生のセクションとお二人の対談のセクションの内容の紹介です。 www.s-locarno.com ぜひ、『問い続ける教師―教育の哲学×教師の哲学』を読んでいただくと、内容がよく分かるかと思います。

【多賀一郎×苫野一徳】信頼を実現する学校に必要なものは何か、その①

本日は多賀一郎先生と苫野一徳先生の二人会でした。 以前に書評を紹介した『問い続ける教師―教育の哲学×教師の哲学』についてのお話が聞けるイベントです。 www.s-locarno.com こくちーずでイベント開催がアナウンスされると一瞬で満席になる人気ぶり……たま…

大妻嵐山中学・高校の公開研究会に行ってきました

大妻嵐山のアクティブ・ラーニング公開研究会に行ってきました。

日本国語教育学会の提案授業を見て思うこと

先日の日曜日に日本国語教育学会の提案授業を見てきました。その授業を見てしみじみと「単元学習」とは何か、国語の良い授業とは何かを考えました。 豊かな言語活動が拓く国語単元学習の創造〈1〉理論編 作者: 日本国語教育学会 出版社/メーカー: 東洋館出版…

今年は京都がありません

例年は京都へとこの日程では行っていたのですが、残念ながら今年は京都はないのです。 今年は仕方がないので、これから別の場所に出陣してきます。

日本国語教育学会 平成29年度埼玉県(南部)地区集会に参加してきました

※写真は学会イメージ 仕事もあるので途中で帰らざるを得なかったのですけどね…。 重要なことを見直す機会となりました。

千葉大学教育学部附属中学校ICT授業研究会レポート

※写真はイメージです。一切、関係ありません。 本日は千葉大学教育学部附属中学校のICT授業研究会に参加してきました。 千葉大学教育学部附属中学校では「一人一台」にタブレットを持たせる取り組みを行っており、今年度が3ヵ年研究の最終年でした。三年前…

『リヒテルズ直子氏×苫野一徳氏とイチから考える公教育』のまとめ1

予告していた通り、都内のリヒテルズ直子先生と苫野一徳先生が対談するイベントに参加してきました。 三時間ほどの短いイベントでしたが非常に内容の濃い話が聞けたと感じています。 全てを書き記すことは難しいのですが、個人的な興味関心に基づいて重要だ…

Copyright © 2017 ならずものになろう All rights reserved.