ならずものになろう

少しは教育について話してみたくなりました。書き続けて考え続けてみたい。

ならずものになろう

【スポンサーリンク】

ICT

ICTのCはコミュニケーションなんだよ

Notionが日本語化した話

最強の授業管理ツールだと思っているNotionがついに日本語化しました。 www.s-locarno.com いくら解説があるとはいえ、英語でとっつきにくいと思っていた人にとっては間違いなくチャンスです。 Notionは予想通り、授業管理には最強のツールでした。

国語のICT授業の参考に

今月の『教育科学国語教育』はICT特集だ。 教育科学 国語教育 2021年 11月号 (わかる! できる! 国語教師のための1人1台端末授業ガイドブック) 明治図書出版 Amazon 個人的な驚きとして、この手のICT活用紹介の時に、ピンポイントにサービスを絞ってくること…

道具に過ぎないと言うけれど

ICTは道具に過ぎないと言うけれど、その道具を使いこなせないがために、授業の可能性を減らしているとしたら、それはそのままで良いのでしょうか?

誤解されるICT活用

すっかり最近はICT好きな人になって授業している自分ですが、話していて「何だか誤解されているなぁ」ということを感じたのでメモ。

出口の見えないオンライン授業

緊急事態宣言の延長で、オンライン授業延長の学校が大変多くなっていると思われます。いつまで続くのかを考えて取り組んでいる学校がどれだけあるのか、厳しさを感じますね。

ICTが苦手なのかもしれない…

なんだか、オンライン授業の負荷が高いわりに質の保証になっていないことに自分が凄くイラついているのだが、職員室の周りを見ているとそうでもない様子を見ると、自分はICTが苦手だったのかもしれない。— ロカルノ (@s_locarno) 2021年9月6日 授業が回って…

デジタル庁からの資料を見て…

最近話題のデジタル庁からこんな記事が出ていた。 www.digital.go.jp ICTに関して色々なステークホルダーに対するアンケートの集計と分析の結果。分析の結果として出てくる資料が、今までのパターンと違って少し面白い(と思いつつ、このお役所ポンチ絵はデ…

次から次へと準備が

ハイブリッド授業をせにゃならんので、結構、準備に戸惑っています。 こういう無茶を嬉々としてニュースにするのはやめてほしい。どれだけ持続可能性があるの?そして、教育効果はあるの? / 神奈川 県立高校で分散登校開始 オンラインと組み合わせ授業|NHK…

二学期の幕開け

九月に入り、多くの学校で二学期が始まる。 色々な不安を感じながら、そして慣れないことに挑戦しながらの二学期がスタートしようとしているのである。多くの学校が本当に厳しい挑戦が強いられている状況であると言える。厳しいと思いながらも、しぶとく挑戦…

二学期の万が一に備えて役立つ情報集

このコロナ禍の影響でオンラインやICTを活用する方法の発信は大量に行われているのだけど、意外と世の中にリーチしていないのよね。どんな情報源があるかをブログにまとめておくのも役に立つのかな。— ロカルノ (@s_locarno) 2021年8月20日 という訳で、二学…

10X授業が手の中へ

この夏の注目作の一つが更に届きました。 小学校・中学校 Google Workspace for Educationで創る10X授業のすべて (板書シリーズ) 作者:イーディーエル株式会社,平塚 知真子,樋口 直宏,山本 光,井上 嘉名芽,井上 勝,清水 洋太郎,平井 聡一郎,松本 博幸,渡辺 …

良いアイデアを持ち寄ることが出来るならば

教育ICTリサーチ ブログさんが、以下のような募集をしていた。 blog.ict-in-education.jp 実際、二学期がどうなるかを心配している教育関係者は少なからずいる。特に、オリパラという大義名分が無くなった後に、どのような形で「お願い」が無茶振りされるの…

まずは一週間分から始めよう

Clubhouseを聞いていてもらったアイデアです。自分のオリジナルではないです。 最近は、GIGAスクールのおかげで、様々なアイデアが書籍でもネットでも共有されつつある。 小学校・中学校 Google Workspace for Educationで創る10X授業のすべて (板書シリーズ…

自分のスキルを磨く

今週のお題「自由研究」 本日でとりあえず、勤務が一段落して2週間ほど強制的に学校から離れます。有給奨励日の消化と振休と色々と休まなければいけないという状態にありましてね…。

認定トレーナーを目指してワークショップ

本日は日曜出勤の振休をもらい、一日中、Google認定トレーナーのオンラインワークショップでした。 events.withgoogle.com 8時間の大がかりなワークショップでしたが、無事完走しました!!

もうノリと勢いだ!!

画像の通りです。 本当はワークショップできちんと勉強してから申請すれば良いのだけど、それはそれとして(どうせ落ちたら来月も申請するのだし)、自分できちんとフィードバックを解釈して、情熱が冷めないうちに再申請しました! 試験に対してフィードバ…

認定トレーナーの道は険しい…

Google認定トレーナーを目指して一ヶ月前に申請を行っていたのですが……残念ながら今回は不合格となりました。 きっちりと細かくダメ出しされましたよ!

GIGAスクールのカタログのような

夏の教育関係書籍の出版ラッシュですね。 ICT×国語 GIGAスクールに対応した1人1台端末の授業づくり 小学校・中学校 明治図書出版 Amazon 厚さはないけど濃縮還元された、素晴らしい実践を集めた一冊です。

制限、制限とウンザリ

レアな本を手に入れました。

ICT活用の足腰

6月は祝日もなく落ち着いた時期になるはず…。ちょっと蒸し暑くて鬱陶しいので集中力が切れやすいけど、それでも何かを継続的に取り組むのには良い時期だ。 自分もやっと授業で生徒の学びのためにICTを使えそうです。

ボチボチと記録を残す

今週は考査対応でもうまともな人間の生活は出来ていない。慢性的に寝不足だあ…。こうなるとやっぱりちょっとキツイ。 仕事が多くなりすぎると、夜になっても神経が静まらないのだなと身を持って思い知らされる。

授業動画の録画と編集をすると

コロナの感染予防のために自宅待機する生徒への支援は重要。 その支援の一環として授業の録画などをしていることもある。授業を録画して編集してみて気づくことが大いにある。

今週は厳しい

考査、作成中につき、今週はまともに帰れない予定。 物語る校長 作者:牧田 秀昭,秋田 喜代美 発売日: 2021/03/31 メディア: 単行本(ソフトカバー) Kindleで積ん読になっている一冊のうちの一つ。考査の問題にしようとしてボツにしたけど、興味を引かれて困…

増えるサービス、追いつかぬ理解

ひょんなことから、前から気になっていたサービスが校内で使えるようになりそうな気配。 info.flipgrid.com この動画を使って色々と出来るFlipgridというサービスは、『国語教育』で紹介されていて気になっていた。 教育科学 国語教育 2021年 01月号 (ICTで…

【Tips】Google Scholarの使い方

昨日、こんな話をTwitterでしていた。 Google scholarに自分の気になるキーワードを登録しておくと、一年くらい経つとあら不思議。…紀要がメインなので何が引っかかるかは運次第なので、ガチャ的な楽しみも出来るので一石二鳥! https://t.co/Emo2ZQogvI— ロ…

【書評】GIGAを突き詰めると

GWもそろそろ終わりですね。また、忙しい毎日に戻っていくことになりますね。 さて、今年は関係各所ではGIGAスクール元年と話題になっています。自分は私立高校なのでGIGAとは縁遠いところにいるものの、その動向がどうなるかは非常に関心を持って見守ってい…

授業を動画にしてみる

緊急事態宣言も出されて、状況が怪しくなってきたので、学校が止まってしまう前に授業で工夫できることをやろうという試み。

AIと要約

こんなサービスを見つけた。 ai-tanteki.com AIが苦手だと言われていた文章の要約をしてくれるんですってよ!

慣し運転から始める

一人一台という状況は、BYODで、スマホでコツコツとやっていたのとは違う光景が広がるものだと感じる。

大福帳あれこれ

授業が始まってふり返りをどうしようかとあれこれと思案している。 www.s-locarno.com この記事もだいたい授業が再開になった頃に書いた記事であるので、やっぱり授業を始めてくると授業の振り返りとしての大福帳をどうしようかということが気になるみたいだ…

Copyright © 2020 ならずものになろう All rights reserved.