ならずものになろう

少しは教育について話してみたくなりました。書き続けて考え続けてみたい。

ならずものになろう

【スポンサーリンク】

国語教育

国語科の話を少しずつ

詩を書こう

色々と考えてみたけどシンプルに「詩を書く」授業を数回でサッとやろうという気持ちに傾いたのである。 www.s-locarno.com

好きなものを書く練習を

考査後に授業がないクラスがある中、余るほどに授業があるクラスがある。正直、何をするか困っているのである。

私が考査づくりで心がけること

昨日の記事にこんな反応をいただいた。 定期考査の作り方の基本はここにもう書かれていると思う。 https://t.co/mgFw42MS4M— kikuno (@mk_kushiro) 2019年6月26日 本当、適当に書いたのにこんなお褒めの言葉いただいてしまって申し訳ないです。 せめて、罪滅…

考査をじっくりとつくり直す

休み明けに早速20時過ぎまで残業である。7時には出勤してますが……。 余計な会議が1時間余計に多いから……。

三角ロジックを試していく…

授業数が足りない中でも、今後の投資として三角ロジックを伝えていく…。

違いを恐れず…

色々と考えて迷っていたが、自分で決めることをやめようかと思った。

ちょっと無理がと思いつつ…

やっと色々な行事が落ち着いて、自分の授業に生徒ともども集中できそうである。しかし、実は模擬試験などがあるので授業数は全然確保できていないという事実も一面にあり……。

国語を教えるということを学ぶためには

全国大学国語教育学会が行われていますね。 自分もぜひとも行きたかったのですが……まだ、自宅で仕事をグダグダこなしている状況なので、とてもでないけど事故りそうなのでいけそうにない。 こうやって仕事に追われて自分の持っている知識だけをあり合わせて…

定番教材を扱うかどうか…

定期的に悩んでいるネタである。 今年も定番教材がシラバス的にはやってくる時期になったが……。

先は長く…

話合いの指導はなかなか手こずると改めて思い知らされる。

学ぶための粘り強さ

一か月におよび前説を終え、いよいよそろりそろりと教科書に入っている。 高校の国語の授業の入り口に生徒たちがいよいよ立ったのです。

スタートに戻って始める

生徒のノートを集め、授業で色々と作業させつつ、生徒一人一人の様子を少しずつ把握しはじめました。やっと、少しずつ生徒の様子が見えてきました。

連休最後の雑誌購入

連休が終わる。積読は終わらない。

話合いを見取るという課題

昨日の失敗を反省し、本日はあらかじめ色々と生徒に指示をしてから話合いに挑ませる。 www.s-locarno.com きちんと押さえるべきところを指示すれば、話合いはそれなりに上手く行き、昨日のように明らかに失敗だったとはならない場合が多い。生徒が使える時間…

話合いと失敗の根源

まあ、エラそうにこんなことを書いていたのだが。 www.s-locarno.com さっそく失敗して、生徒を叱らざる得なくなるという。

書くことは誰かと協働するといい

色々な書類を書く機会の多いこの頃です。 自分が書き手になると改めて感じることも多いのです。

今週からは「質問づくり」を始めます

授業のオリエンテーションが終わったので、そろそろ資料を読む作業に入ろうかなぁと。ただ、その前に「質問づくり」を導入しておきたいなあと思っている。

4か月ぶりの授業をする

本日からやっと授業開きです。 去年の11月末日で授業がなくなっていたので、約5か月ぶりの授業です。ゼロから始めるという緊張感があるのです。

授業で新しく始めたいこと

いよいよ入学式。そして一週間の間を置いて授業が始まる。 無事に新入生を迎えることができることを嬉しく思いつつ、自分が新しく授業できるのか心配もしている。 いつもゼロから授業やるのは不安で仕方ないのである。

【リレー企画】「ALPを用いた模擬授業の振り返り」にコメントします!②

すっかり間が空いてしまいましたが、連載企画の第二段です。 www.s-locarno.com 今回は第二弾。 インプロの授業ですか……。自分に経験がないので上手くコメントできない気がするけど、感じることや思うことを書き出してみます。 ALPカードの観点から 今回の学…

地道な作業も授業づくり

春めいている陽気にのぼせて、受験も一段落したことあって気が抜けている。 とりあえず、今まで取れていない有給休暇をちょこちょこと消化しながらのんびりと過ごしつつ、授業の下準備をしている。自分の配置がどこになるか分からないので、授業づくりではな…

「聞くこと」をきちんと授業に取り入れたい

新年度に向けて授業を考えているのは昨日の通り。 www.s-locarno.com 「聞くこと」から始めないといけないかなぁという気分である。

SAMRモデルと国語科授業

最近、SAMRモデルと縁がある。 www.s-locarno.com と、いうのも以下の野中潤先生の編著の本やその関連イベントで何度もお目にかかっているからである。 学びの質を高める! ICTで変える国語授業 ―基礎スキル&活用ガイドブック― 作者: 野中潤 出版社/メーカー:…

【リレー企画】「ALPを用いた模擬授業の振り返り」にコメントします!①

以前に「アクティブ・ラーニング・パターン」というツールを用いた、授業ふり返りを提案していました。 www.s-locarno.com たまに思い出したときに少し記事を書いていましたが、生まれ持っての不真面目のために、ほとんど活用していない状態でした。そんな提…

授業づくりと自分の努力と

次年度に向けての準備を少しずつ取り組んでいます。まあ……この先の人事でひっくり返る可能性はあるけど、自分のやりたいことは多分変わらないし、下準備を淡々と……。

【書評】『日本語学』3月号は「書くこと」関連です。

明治書院の『日本語学』が3月1日に発売になりますが、来月号は「書けない子」が増えているという特集です。 日本語学 2019年 03 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 明治書院 発売日: 2019/03/01 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 定期的に国語科必見の…

【書評】国語科授業とICTで出来ること

『学びの質を高める!ICTで変える国語授業』の書評記事。「誰でもできる」に偽りなし。

随筆の前に立ちすくむ…

時間があるので次年度以降に向けて色々と読めるものを読んでいます。 特にあまり日常生活していると随筆に親しみがないので……意識的に読むようにしています。ちょうど図書館によいものがありまして。 日本の名随筆 (1) 花 作者: 宇野千代 出版社/メーカー: …

添削あれこれ

私大入試も始まりましたが国公立の出願もだいたい決着が付き始め、過去問指導が本格化する時期です(出願は6日まで)。 来週後半になると私大入試が本格化するので、今週末から来週の中盤くらいまでが一回目の添削のピークと言ったところ。

国語科の矜持

本日は茗荷谷まで遠出。日本国語教育学会の中学校部会に参会。 シンポジストに甲斐利恵子先生(東京・赤坂中)、児玉忠先生(宮城教育大)、鈴木一史先生(茨城大)を迎えてのシンポジウム形式のイベントでした。 個人的な知り合いにも何人かあって、久しぶ…

Copyright © 2017 ならずものになろう All rights reserved.