ならずものになろう

少しは教育について話してみたくなりました。書き続けて考え続けてみたい。

ならずものになろう

【スポンサーリンク】

PBL

PBLのPはプロブレムではなくてプロジェクトなのだよ!

「未来の教室」を模索して

最近、こんなことがニュースになっていた。全然、忙しくてコメントできていなかったのだが。 resemom.jp 経産省が中心となって提言を行っている「未来の教室」事業である。この事業については、自分もかなり衝撃を受けて、注目し続けている。 www.s-locarno.…

評価される/するを乗り越えたくて

考査と保護者会を同時に企画した人、本当、呪われてほしい今日この頃。青息吐息で生活しています。ブログの更新が途切れたら過労死したと思ってください。 さて、そろそろ定番化した挨拶をこの辺りで切り上げて本題。 作問をしていると、授業の評価について…

PBLを学びたい人へ

自分は大学の学部時代からずっとプロジェクトベース学習については興味をもっています。

【書評】ミネソタニューカントリースクールだけでなく…

予告していた本が届きました。 情報時代の学校をデザインする: 学習者中心の教育に変える6つのアイデア 作者: C.M.ライゲルース,J.R.カノップ,Charles M. Reigeluth,Jennifer R. Karnopp,稲垣忠,中嶌康二,野田啓子,細井洋実,林向達 出版社/メーカー: 北大路…

プロジェクトベース学習の実践についての覚書

あすこまさんがプロジェクト型の学習に関する記事を書いていた。 askoma.info 生徒の興味を核にして、実際にプロジェクトを遂行する過程で教科の学習に降りていく方法のほうが、きっと面白くて身につくはずだ。でも、それは非現実的なのかなあ。教えるほうだ…

継続的な調べ学習のきっかけになる?

本日、たまたま教育関係の冊子を見つけたら、面白い宣伝を見つけた。 公益財団法人 図書館振興財団 図書館振興財団が「図書館を使った調べる学習コンクール」というコンクールを開いているのですね。不勉強なもので、まったくこんなコンクールがあるというこ…

【書籍紹介】PBLなどを実際にやるための参考書籍

台風ということでどうも調子が良くないので、お手軽に書ける記事で…。 自分がプロジェクトベース学習(PBL)を勉強するために読んでいる書籍を紹介します。 探究型の学習を考えている人は、一度、読んでみてはいかがでしょうか。

「好きなことを、とことん学んでいい」プロジェクトベース学習の魅力

昨日の記事でこれからの時代の「よい教育」の一つのあり方に「個別化・協同化・プロジェクト化」という考え方があるという、苫野一徳先生の考えを紹介しました。 www.s-locarno.com その中でも予告した通り、「プロジェクト」に基づく学びの方法について、少…

夏に勉強したいプロジェクトベースラーニング(PBL)

もうすぐ、一学期の残務も終わって、自分の勉強をする時間ができます。 日々、授業に追われていると自分の勉強をする時間がないので、自分の勉強をしたいところです。 毎年、夏には研究会などもあるので、色々と勉強する機会はあるのですが、自分で勉強をす…

Copyright © 2017 ならずものになろう All rights reserved.