ならずものになろう

少しは教育について話してみたくなりました。書き続けて考え続けてみたい。

ならずものになろう

時代が変化していくことを感じる

オンラインの教育イベントの配信している様子

本日はこちらのイベントをオンラインから視聴。

www.jdice.org

本当は現地に乗り込もうとも思ったのだけど、今週が色々と忙しい考査前なので断念…。

視聴していて強く感じることとしては、デジタル・シティズンシップ教育の実践が特別な感じのものというよりは、日常の営みとして根付いてきている実践発表だなぁとということ。

GIGAスクールが始まって数年が経つわけですが、様々な混乱を乗り越えて、生徒の学びの質を高めよう、あり方を変えていこうとチャレンジを続けて来た学校が地力を大きく変えてきているのだなぁと感じるわけです。

 

 

デジタル・シティズンシップ教育の本格的な解説書の1冊目が2020年末だったことを考えると、わずか三年足らずでここまで広く実践が行われるようになっていることに現場の努力を思う。

非常にやることが増えているのは身をもって体感しているけど、それでも粘り強くやるべきことをやるつもりではある。自分にとってはデジタル・シティズンシップ教育はやるべきことである。

もちろん、今まであるものを全部そのままの残したままに、新しく山積みにするのであればそれは過積載というものである。

だから、本当に学校がすべきこと、授業の時間ですべきことは何かということを考えて、自分のこだわりは手放しつつ、優先度の高いことをやっていきたいものである。

Copyright © 2023 ならずものになろう All rights reserved.