ならずものになろう

少しは教育について話してみたくなりました。書き続けて考え続けてみたい。

ならずものになろう

【スポンサーリンク】

教え子と実習生

f:id:s_locarno:20190528204429p:plain

もうすぐ教育実習の時期ですね。

今年の教育実習は自分が教員を始めて、最初の教え子たちが実習にくるのである。

なかなか感慨深い……ものでも別にないのは性格の問題である。

数年前から進化しているか

自分の教えた卒業生が実習生にくるのだから、大学四年間で人前に立てるくらいには勉強してきたということである。後進畏るべし。

教え子は人前に立てるくらいにまで急速に成長しているのに、同じ場所にとどまっている自分はどれだけの変化があるのだろう。真面目に自分に問いかけなければいけないだろう。

三年前、六年前に自分がやっていたことよりも今やっていることの方が洗練されているだろうか。そもそも学習指導要領も変化しているので同じことはやれないのだけど、そういう他律的な理由ではなく、自分の心の底から何を変えたいと思い、何をよくしたいと思っているかである。

持っている手札はだいぶ増えたと思う。それだけに、同じカードを漫然と繰り返していないかが問題である。

自分の力量を正確に考える

何が自分に出来るか。

そういうことを考えるために、色々な場面で自分の授業を開いていかないといけないだろう。

実習生はきっと虚心坦懐に見てくれる。

また、少しずつ改善して頑張っていこう。

Copyright © 2017 ならずものになろう All rights reserved.