ならずものになろう

少しは教育について話してみたくなりました。書き続けて考え続けてみたい。

ならずものになろう

【スポンサーリンク】

【書評】「研究する」ことと学校の文化を考える

Isaac Newton School #112

繋がっているようで繋がっていない?繋がっていないようで繋がっている?

今日の話は「教員研修」の話です。

そう、昨日の話との繋がりが気になるのです。

www.s-locarno.com

続きを読む

【書評】人材育成と教育はちょっと違うけど

bb17 TRANSFER

思ったよりも読書の速度が上がらない。気分転換がてら、少しだけジャンルの違う本を読んでもいます。

研修開発入門 「研修転移」の理論と実践

研修開発入門 「研修転移」の理論と実践

 

まあ、毎度おなじみの中原淳先生なので手に取っているわけですが。

「研修」と「授業」はよく似ているように思いますが、やはり大きな違いもあるので、直接、ビジネスの方法を輸入して真似るわけにはいかないとは思いますが、それでも面白い点がいくつもあります。

続きを読む

【書評】多拠点に生きるということ『フルサトをつくる』

Country road

積読を消化。

もっと早く読めばよかったかもしれない。

フルサトをつくる: 帰れば食うに困らない場所を持つ暮らし方 (ちくま文庫)

フルサトをつくる: 帰れば食うに困らない場所を持つ暮らし方 (ちくま文庫)

 

「移住」に関わる話のように見えて、もっと色々なつながりを考えさせられる面白さがありました。

続きを読む

【書評】よりよい学び方のために『Learn Better』

learning

面白い本が翻訳されました。

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

 
Learn Better: Mastering the Skills for Success in Life, Business, and School, or, How to Become an Expert in Just About Anything

Learn Better: Mastering the Skills for Success in Life, Business, and School, or, How to Become an Expert in Just About Anything

 

英治出版といえばセンゲの『学習する学校――子ども・教員・親・地域で未来の学びを創造する』や『ティール組織 ― マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現』などの「知る人ぞ知る」という良書をたくさん翻訳出版してくれている会社です。

この本もさすがというべきか、非常に面白い一冊でした。

続きを読む
Copyright © 2017 ならずものになろう All rights reserved.