ならずものになろう

少しは教育について話してみたくなりました。書き続けて考え続けてみたい。

ならずものになろう

【スポンサーリンク】

心理的デトックス

Cat

本日は本当は生徒の添削物などもあるので休んでいる場合でもないのだけど……日記を振り返ってみるとまともに仕事から離れて休んでいる休日がないことに気が付いたので一切の仕事を放り投げました。

普通に仕事以外のことに手を付けないと精神的に参ってしまうわね。

とりあえず運動もする

今年は酷暑に負けてランニングやサイクリングをサボりがちでした。そして、二学期になって添削に追われてすっかり運動をしない生活に……。

ああ、こうして人は劣化していくのかという感傷に浸るのもよい……と割り切れるほど腹が決まった人生を送っているのではない小心者は、身体が資本と言わんばかりに思い出したように運動するのです。

ランニングしてみて思ったが、疲れていないようで身体がかなり疲弊しているんだなぁ……ぜんぜんペースが上がらない。見えないところで身体がしんどいと感じているのだろう。

日常生活をしていると少しの踏ん張りで誤魔化せてしまう疲労も、運動すると表面化してくるのである。この身体の重さを感じたら休まなきゃだめだなあ……と少し怖くなる。

単純に運動不足の可能性もあるけど。

仕事でなくても本を読む

とりあえず、都内の本屋で買った本が届かないので、仕方ないので近所の本屋に本を買いに行く。積読はあるけど、新しい本も欲しい。何か問題があるだろうか。

本日、たまたま見つけたのが次の本。

推薦文、作家による作家の

推薦文、作家による作家の

 

散々、書かされて嫌になっているから見えてきたのではないかという気持ちもあるが、これは作家の作品の推薦文を集めたアンソロジーである。

パラパラ眺めてみるが、よい作品にはよい推薦文がつくんだなぁというとりとめのない感想しか出て来ないわけで、自分の文学的センスのなさを自覚させられる。

一つの推薦文の長さは、それほど長いものではないので気軽にパラパラと眺められる。中村邦生氏のそれぞれの推薦文に対するコメントもまた良きかな。

このぐらいの長さの推薦文を読んでもらったり書いてもらったりは授業でもできるかなぁなんて思うが、実際、この手の推薦文だとか書評だとかポップだとかを作る授業の指導は色々と難しい。あまり安易に丸投げしたくはないけど、どこかで使えないかなぁ……もしくは定期考査だとかに何かの文章と組み合わせて考えさせる問題にしてみたり……と、こんなことを考えていると休日にならないのである。

音楽を聞きながら…

Amazon echoのおかげですっかり音楽を聴きながら生活する習慣になっている。

 

Echo (エコー) 第2世代 - スマートスピーカー with Alexa、チャコール

Echo (エコー) 第2世代 - スマートスピーカー with Alexa、チャコール

 

 

個人的な好みを言えば、もう少し合唱曲が増えてくれよ…と思うのだが、それでも最近は割と増えてきた印象である。だって、

The Essential Tallis Scholars

The Essential Tallis Scholars

  • アーティスト: Peter Phillips & The Tallis Scholars
  • 出版社/メーカー: Gimell Records
  • 発売日: 2018/03/08
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 

とか聞けるんでっせ。アンリミテッドだと。

ボリュームが小さいので調整しないといけない面倒さを除けば、もうかなり色々聞けるので一日くらいはぜんぜん潰せる。

著作権のせいか、日本の合唱曲はなかなか厳しいのだけどね……。

そのうち、Amazonで聞ける合唱曲リストでも作ろうかな。

また明日から山場だよ…

何とか休もうと思いましたが果たしてどこまで疲れは抜けるのだろう。

明日から、また家より学校にいる時間が長そうだよ……。

Copyright © 2017 ならずものになろう All rights reserved.