ならずものになろう

少しは教育について話してみたくなりました。書き続けて考え続けてみたい。

ならずものになろう

【スポンサーリンク】

無理をしてでも早く帰る

f:id:s_locarno:20190618191649p:plain

先週までに相当いろいろなことに苦しめられたので、今週は意図的に早々と退散する(とは言え18時過ぎなんだけど…)ようにしている。

18時台に帰るだけでもだいぶ自分の生活に余裕ができるなぁと思う。

家に帰らないことには…

一番、重大だなぁと思うのが、帰宅時間が遅くなればなるほど、自宅で自分の勉強する時間が無くなることである。

なぜか、ウケたこのツイートだけど、当事者としてはシャレにならない。読みたい本はあるからどんどん注文してしまうのだけど、読む暇がないから積ん読と書籍代が高くつくのである。今月になってそれなりに新発売の書籍はある。

国語教師のための語彙指導入門

国語教師のための語彙指導入門

 
ほんとうの道徳

ほんとうの道徳

 
授業のビジョン

授業のビジョン

 

特に『国語教師のための…』については、自分が今教えている生徒の様子を見ていると、なかなかシビアな問題である。それだけにちゃんと読んで明日からの授業に繋げたいのだけど……。

こういう本を読むには、それなりに集中することが必要なので、21時過ぎに帰ってきてそれから色々として勉強する気にはならない…。

ストレスの度合いが全然違う

やはり家に帰ってくると、同じような作業をしていても、家にいるほうが疲労度が全く違う。結局、職員室にいると、生徒は五月雨式にやってくるし、余計な仕事は降られるし、常識はずれな時間に電話は掛かってくるし……まあ、あまり面白いことにはならないのでしょう。

自分が自覚していなくても、家にいる方がはるかに神経には優しい。

次の日の疲れが全く違うのである。

成果を上げて5時に帰る教師の仕事術

成果を上げて5時に帰る教師の仕事術

 

五時に帰ろう……。まあ、生徒がいると無理なのですが。

Copyright © 2017 ならずものになろう All rights reserved.