ならずものになろう

少しは教育について話してみたくなりました。書き続けて考え続けてみたい。

ならずものになろう

認めたくないものだが…

本日は不本意ながら出勤。義務的な仕事を片付けつつ、ほとんど人が居ない職場で一日を過ごす。

認めたくないものであるが、家でグダグダと作業するよりもよほど集中して作業が捗っている。数日自宅で放置したものをちゃんと終わらせられたのは大きい。

やっぱり自宅で生産性を上げるのは至難の業である。

その意味だとフリーランスで職場を自由に選べる人たちのタスク管理能力と意志の強さに敬服する。

話を聞いていると、やる気が出ないことよりもやる気に対して可処分時間が足りなくなるくらいに仕事がやってきて大変になる方が先らしい。とても、それは信じられない。モチベーションの源泉とはどこに…?

週末はインプットへ

明日は仕事であるものの、日曜日はインプットのために一日が使える予定。

こうして、自分の脆い意志に対して信頼度がおけなくなっているので、強制的にインプットの場所に自分を置くというのは重要である。

逆に言うともう夏休みが終わってしまうので、この週末でラストスパートをかけないと何も為さないで終わるぞ!

地域によっては既に学校が始まろうとしているので、自分は贅沢を出来る分だけ頑張らねば……というところである。

掃除に逃げない

ほら…夏休みが終わるし、読もうと思って本棚からひっぱりだした本を片しておかないと邪魔になるじゃない?

そろそろ後片付けをしよう……なんて、考え始めてインプットから逃げてはならない。

Copyright © 2020 ならずものになろう All rights reserved.