ならずものになろう

少しは教育について話してみたくなりました。書き続けて考え続けてみたい。

ならずものになろう

【スポンサーリンク】

メンテナンスに…

f:id:s_locarno:20201212201627p:plain

そんなわけで本日は一日、身体のメンテナンスに時間をかけました。

頭痛外来へ…

元来、頭痛持ちであるので、定期的に頭が痛くなる。たいていは我慢でどうにかなるし、どうしてもダメならロキソニンである。

なんとか月に3回くらいのロキソニンでやり過ごすことが出来ていたのだけど、まあ、頭が痛いって不安になるので、どこかでちゃんと専門医に相談しようと思っていたところである。

今日はどうもロキソニンを飲んでも痛みが落ち着かないで、ずっとだるい感じが続いていたので、休みだったこともあり、とりあえず、頭痛外来に行ってみた。専門医のいる、専門の病院が幸いにして近くにあって、予約なしでも入れそうだったのです。

ちなみに、頭痛外来って以下のようなイメージです。

www.yaesu-noushinkeigeka.jp

※上の病院に行ったわけではないです。

行ってみるとさすがに専門の病院だけあって、問診もかなり丁寧でしたし、医師の説明も非常に分かりやすかったです。

設備もちゃんと整っているので、飛び込みで行ったのにMRIまで撮影し、「怖い頭痛」ではないということをちゃんと確認した上で、治療方針なども丁寧に相談できました。

身内に脳疾患が多いこともあり、おそらく今後も定期的に脳ドックなどをお願いしていくことにもなるんだろうなぁとしみじみと思いつつ、とりあえずは、すぐに脳が駄目になるということがなさそうなので、安心しました。

しかし、MRIってのは凄い機械だなぁと体験して感じました。今の医療が色々な技術に支えられているんだなと実感します。前に胃カメラを飲んだときも、鼻からカメラをいれても全然辛くないサイズであることにびっくりした記憶がある。

MRIは初体験でしたが、「凄い音がするよ!」と色々な人から言われていましたが、その想像を超えて色々と凄い音でした。確かに閉所恐怖症の人は嫌かも。例えるなら飛行機に乗っているとき、乱気流に突入して轟々と鳴っている感じ。また、想像とは違う甲高いサイレンみたいな音が飛んできて、「事故か!?」とめっちゃびっくりしました。

www.hiroshima-med.jrc.or.jp

話がそれましたが、やっぱり長年お付き合いしている緊張型頭痛が今回も頭痛の原因なので、特に処方薬もなく、ゆっくりお風呂に入ることと姿勢を直すことを指示されて帰宅しました。

余談…

LenovoのクラスマスセールでめっちゃChromebookが安いよ!!この前のAmazonのセールよりもさらにお得。

www.lenovo.com

この値段ならば、コロナで万が一、休校になったときに手元に一台あると便利かもしれない…。

Copyright © 2020 ならずものになろう All rights reserved.