ならずものになろう

少しは教育について話してみたくなりました。書き続けて考え続けてみたい。

ならずものになろう

散歩と読書の相性が最高

f:id:s_locarno:20220207191502p:plain

最近は高3が受験で授業がないので徒歩で通勤しています。

また、休みの日は小一時間は散歩でひたすら歩いています。その時に読書をするのがとても気分が良いのです。

歩きながら本を聴く

読書と言っても二宮金次郎をするのではなく、オーディオブック、Audibleです。

www.amazon.co.jp

少し前にも紹介しましたが、コイン制から聴き放題になったので、気軽に毎日、色々と聴けるようになりました。

www.s-locarno.com

批判も多いところですが、自分としては聴きたい内容の本はそれなりに揃っているし、手に取って読むほどの時間をかけたくないけど、目を通しておくと便利そうだなぁというネタ本がかなりあるので、ありがたく聴いています。

特に散歩や通勤中に色々な本を耳からインプットできるのは、なかなか快適です。

冬なのでかなり寒い中を小一時間歩くことになりますが、かえって目もすっきりと冴えて、気分としては高揚する感じがします。

ちなみに、AudibleではなくてもAlexaアプリを使うとKindleのライブラリーにある電子書籍は機械音声で読み上げてもらえます(ただし、機械的に読んでいるので読み方がおかしかったりイントネーションはおかしかったり途切れたりはしますが……ただ、雰囲気は伝わると思います)

考えながら歩くことのよさ

歩いているときにはスマホを見たり他の人に話しかけられたりすることがないので、本の内容を聴くことや考えることにだけ思考を集中できる。

心拍数も適度に上がっているので血行もよいせいか、あれをやってみよう、これも実践してみようというアイデアがいい感じに浮かんでくる。基本的に職場についたら前向きになにかやろうという気持ちになってくるので、よい感じである。

実はぼんやりと考えていて、よいアイデアだ!!と思っても、メモをすることがないので忘れてしまうこともままあるのだけど(笑)、しっかりと覚えているものについては「やりたいなぁ」という気持ちがよい感じに高まっているので、着手し始めるとけっこうよい仕事が出来る。

一人で淡々と考えを壁打ちする時間を持つのは大切だなと感じます。

朝、静かな通勤路を淡々と歩いていると、職員室がうるさすぎるとしみじみ感じます。授業が少ない今の時期だから少し体力を使ってもいいかなと思って歩いていますが、普段も歩ければ良いなぁと感じます。

交通安全には気をつけましょう

路上を耳を塞いで歩くのは危険です。

開放型でも条例によってはアウトなので、その辺りは気をつけて……。自転車は論外です。

Copyright © 2020 ならずものになろう All rights reserved.