ならずものになろう

少しは教育について話してみたくなりました。書き続けて考え続けてみたい。

ならずものになろう

六月の終わりを見据えて動き始める

f:id:s_locarno:20240610195520j:image

六月も中旬に入りました。

日々が加速度的に早くなって進んでいく。6月が終わるとあっという間に夏休みになるので、精神的にはあっという間に一年が終わってしまう。

つい、日が暮れるのが遅くなっているのでいつまでも仕事ができてしまう気がするのだけど、時間自体は伸びていないので、単に生産性が下がっているだけである。

だんだん、手が回らないことによって取り返しがつかなくなることが増えてくる。

日々の生活にメリハリがなく進んでしまうと、自分で取り返すことができないものが増えてしまうのだ。

なんだか、落ち着かないままにここまで来てしまった。

資料をかき集める

学期末となると、観点別のとりまとめもある程度しないといけないので、これまで積んでしまっていた資料についても、きちんと整理しなければいけない時期である。

じっくりと一つ一つを確かめると、うーん…気が重くなる時間がかかる。

手間が増えているのに上手くフィードバックに活かせていないのはよろしくない。

色々な形を試してみるけど、まだまだしっくりこないし毎年生徒の変化によってお決まりのパターンにもならないところ。

手間は非常い多い。

ただ、そうやって苦心して見てみると、自分が先入観で見ていたものと、実際の資料で出てくることではかなりの差がある。子どもをどれだけ見取れるかは、どんなに経験を積んでもなかなか思い通りにならないものである。

気分よく進んでいくために

ままならないことがたくさんある。

思い通りに色々なことを上手く進めることはとても難しい。様々なイレギュラーを捌いているうちに、自分の本当に進めないといけないことにしっかりと投資をできていないのではないかという反省である。

また、夏が来る。事故なく、いつも通りの落ち着いた夏がきて欲しいものだ。

Copyright © 2023 ならずものになろう All rights reserved.