ならずものになろう

少しは教育について話してみたくなりました。書き続けて考え続けてみたい。

ならずものになろう

【スポンサーリンク】

十年の重み

f:id:s_locarno:20210311204241p:plain

東日本大震災から10年。あっという間だったように思う。自分の人生の長さから考えれば、決して短くない時間だったが、様々なものが変わっていき、変わらないままのものもある。

10年前の自分が、今こんなことになっているとは想像もできなかった。

ただ、この3.11に大きな影響を受けて生きていると思うのである。

教育の仕事は続いていく

十年前は大学院生である。

あの頃に比べると、今は全然、まともに勉強をしなくなった。難しい論文を読む体力も無くなっているし、語学力もだいぶ衰えていると思うのである。

ただ、現場で這いずり回るということで、身につけたこともある。

10年間で自分がどれほど成長できたかと思うと、あまり精神的にも技術的にも進歩していない気もする。むしろ、授業をするという意味であれば、よほど10年前の方が体力もあったし、体調も良かったので強かったようにも思う。

今は、ずっと体調が悪く、全力の4割くらいしか出せないで生活している。自分のエネルギーに余裕を持ちながら、生活せざる得ない。

そういう余裕で生活をしていくことで、成長のスピードは鈍化しているけど、出来ないことも出来るようになってきたようにも思う。

ま、人生色々である。

二年分の願い

去年の3.11は学校は臨時休業であり、今いる生徒とちゃんと話すのは今年が初めてである。

押しつけがましく話すことでもないのだが、自分が見た物や考えたことはちゃんと伝えて欲しいし、日本に暮らしていく以上は背負っていかなければいけない課題でもある。

自分の生きている間に福島の問題が解決されるのかは分からない。

今の自分の教え子が活躍する時代にも課題として山積し続けることなのだと思う。そして、次の大震災がくることも十分に予想される。

生きているということを丁寧に。

Copyright © 2020 ならずものになろう All rights reserved.