ならずものになろう

少しは教育について話してみたくなりました。書き続けて考え続けてみたい。

ならずものになろう

【スポンサーリンク】

仕事のリズムを取り戻す

f:id:s_locarno:20210620202216p:plain

夏休みが明けて仕事を再開して3日目。やっと仕事のリズムを取り戻してきたような感じがある。

歩く量が減っている

休みが長かったのと、雨ばかり降って散歩にすら出られなかったということもあって、一日に歩く量が極端に減っていた。そのため、休みが明けてもなかなか歩く歩数が増えないし、階段を上り下りしていると結構すぐに疲れを感じてしまう状態である。

また、基本的にまだ授業が始まっているわけではないので、気づくとApple Watchに怒られるまで*1椅子に座りっぱなしなっているので、下半身もむくみがちだし、肩もゴリゴリになっているように感じる。

一番大きな違いが、主観的には全然感じていないのだが、活動量計の数字を見るとかなり「ストレス」を感じているらしいということが分かる。

自宅にいるときよりも心拍数は上がっているし、そのせいかストレスのスコアが非常に高く出ている。そして、睡眠時の心拍数も休みのころよりもやや高めに出ているし、睡眠スコアも下がっているのである。

なるほど、長時間労働していたら身体にダメージが来るに違いないのだ。

残業しないで早く帰っているけど、なんだか疲れたような気がするのはやはりイレギュラーなことをしているからなのだろうなと思う。本当、朝と帰りの運転には気をつけよう……交通事故が一番、自分がやらかす可能性が高いと思っていつでも警戒している。

二学期の気配が分からない

新型コロナウイルスの感染拡大傾向があって、二学期についての見通しが自分の中で持てないでいる。当面の予定は見えたとしても、二学期がけっきょく総合でどのくらいの授業数になるのか、何が出来て、何はやれないのか…というようなことがまだまだ全然見通せないので、授業の計画に踏ん切りが付かない。

二学期は精神的にも日程的にも、一番長い時期ではあるのだが、日が暮れるのが早くなることもあって、油断しているとあっという間に一年が終わりを迎えてしまう。だからこそ、計画性をもって授業にあたりたいのだが……先の見通せないVUCAな状況になっておる……。

VUCAの不安に耐えながら、価値のある授業をどうしたら実現できるのかという挑戦がまもなく始まろうとしているのだ。

*1:Apple Watchは一時間ごとに立てと通知をしてくれる機能がある。

Copyright © 2020 ならずものになろう All rights reserved.