ならずものになろう

少しは教育について話してみたくなりました。書き続けて考え続けてみたい。

ならずものになろう

【スポンサーリンク】

本格的な体のメンテナンス

f:id:s_locarno:20211129202454p:plain

昨日で仕事を納めているので、明日のことを気にしない休日です。

昨日、晩酌をしながら本を読んでいたら、コタツでうとうととしてしまったせいで何だか本日は疲れ気味です。

この後の休みでは本格的に体をメンテナンスしていきます。

肩こりに対する最終兵器。

痛気持ちいい感じなので、どうも枕で寝違えたようである。

細々とした仕事はある

休みとは言え、細々とした仕事は残っている。

特に三学期の授業が残っているので、この休みの間にコツコツと授業準備をしておくつもりである。三学期は受験シーズンなのでやたらと忙しく、1月に突入してからは何も出来なくなりやすい。

そして、こういう時勢なのでいつ体調が悪くなるか分からないので、色々な準備をしておかないとリカバリーが出来なくなるのである。

メールを打ったり書類を書いたりというそういう細々としたことは、自分の身を助けることになるので、投資だと思って休みの間にやっておく。

結局、休みが少なく仕事していると、細かい事務作業が残り続けるし、自分の机などに次から次へと積み上がる紙の資料などが散乱している。……いい加減、諸連絡だった紙で配付するのは止めてもらいたい。一人一台、仕事用のPCがあるのだから紙で配られなければ確認しないは怠慢だと思うのよ…。

まあ、愚痴はほどほどにしておきましょう。

本を読むのも体力が要る

精神的に体力が残っていないときはまともに本も読めない。頭に入ってこないし、次の仕事のことが気になって本を手に取る気力が湧いてこないのである。

仕事が立て込んでいる時期は、本は積み上がる一方になるし、その積ん読を見るのも気分はよいものではない。

そして、久々に本を読むと、明らかに本を読むことができなくなるので、リハビリが必要になる。

個人的に、本を読むことから離れると一番読めなくなるのは、難しい学術書ではなくて小説の方である。全く小説を読んでいて気持ちにメリハリがつかないし、やらなければいけないことに気を取られて読む気が起こらないのである。そして、読もうという気持ちがわいてこなくなる。

とりあえず、リハビリには積んである本を流し読みからかなぁ……。あと12月という時期なので、今年に発売になっている話題書などを読み直すことから。

 

 

この辺りの本を読み直しておきたいところ。

感染に気をつけて出かけたい

コロナの影響で人と会えない時期が続いていたが、今年の年末は少し、人と会うことに時間を使えそうである。

でも、感染したらしゃれにならないので、よほど自重しながらの会合ですね……。

青空の公園のベンチで話すことにします(しません)。

また、気分転換のためにも人と接触しないドライブくらいなら出るかもしれません。雪は面倒なので南の方へ…。

Copyright © 2020 ならずものになろう All rights reserved.