ならずものになろう

少しは教育について話してみたくなりました。書き続けて考え続けてみたい。

ならずものになろう

中期日程が始まる

f:id:s_locarno:20220308195310p:plain

国公立の前期入試の発表が続いている中ですが、公立大学の中期日程入試が始まっていますね。

精神的に厳しい日程

後期日程にも言えるが、結局、前期入試の結果が渋い状況なので中期入試を受験することになる(日程的に合否が出ていない場合もあるが)。

そのため、準備をすることも気が重いし、受験会場に行くのも気が重い。せっかく受験しても中期日程はやや倍率が高めであるので、不合格になる確率もそこそこある。3月の最後まで受験をしているのに、報われるとは限らないという挑戦をしなければならないのは、かなり精神的には厳しいのだ。

それでも、きちんと自分の一年間以上の受験勉強のケリをつけるために、しっかりと受験にしにいく生徒達には尊敬をするしかない。

大人は無責任に最後まで頑張れというが、本人達はかなり大変だろう。ただ、一度決めたことをやり抜くことで、後から頑張ったことが必ず自信になるので、目標がある以上はしっかりと頑張って欲しいところだ。

あと少し入試は続く

私立大学も三月入試が始まっている。

この時期に受験に行くことになるのはやはり結果が渋いから、起死回生を狙っての受験になってしまっている場合が多い。もちろん、倍率もかなり高めになるので、やはり合否は厳しいことも多い。

ただ、三月入試は繰り上げも相対的には多い印象があるし、やりきればしっかりと合格が出るので、もしやりたいことがあって粘れるのであればしっかりとやりきるべきなのである。

もちろん、国公立の後期もこの週末から始まる。そして来週の末には最後の合否発表が行われる。

長かった受験シーズンもこれで本当に全ておしまいである。あと少し、最後までやりきれるように頑張れ、受験生。

Copyright © 2020 ならずものになろう All rights reserved.